TOP平松 DATA平松分析>昭和の映像

昭和の映像 神戸第二集

ナレーション担当 平松愛理

今 更ながら、DVDを購入してみました。ここでは情報というより感想文です。
買う前は、もう少し、震災関係のことを触れるのかなと思い、今までは阪神淡路大震災の
ページにちょこっとご紹介していました。が、見た感想としては、これは震災関連とは違う
セクションにおいた方がいいなと思い、こちらに記載しました。
思い切り、昭和の映像でした。というか、貴重な神戸映像でした。これはこれで宝物です。

で、 平松さんがナレーションということで、聴いてみましたけれども、
思ったより軽いリズムでお話している印象でした。ラジオレギュラーをちょっとやさしくした
感じでした。というか、関西弁になってみたり、個人の感想を述べていたり、
愛理さんなかなか面白いやんか、という感想です。特に、平松さん自身のその場所の思い出とか
なかなか、ラジオでは聴くことができないコメントがあるのでそれはそれで貴重ではないかなと
思うんですね。いきなり歌いだすし。これは平松さんしかだせない味のナレーションでした。
これを多分リクエストしたのかな、制作側は。とかくファンにとって面白いナレーションでした。
もっと硬いイメージのナレーションをイメージしていた為に、今まで買わずにいましたが、これはこれでいいのでは。
これを引き受けた愛理さんの気持ちを訊いてみたいものです。
2009年に世に出た作品です。神戸をこよなく愛する方にお勧めのDVDです。