TOP平松DATAB.C.FRIENDSBONのエリア> 私の彼女は午前様

私の彼女は午前様

飲み屋 23:20  6人が呑んでいる。

鈴木: あたし、そろそろ帰るわ。明日、子供が休みだから。

小暮: あたしも、終電ちかいから、そろそろ。

辻元: お疲れ様、明日・・は二人とも非番か、じゃ日曜日よろしく。

鈴木: 楽しかったね。あいつがいないから。

辻元: あいつは今頃、スタッフルームで寝てんじゃないか?
          サボり魔だからな。

小暮: よく首にならないよ。それじゃ、また。

辻元: お疲れ!

小畑: お疲れ様でした。

須古: あーもう帰っちゃうのー?

鈴木: すこちゃん、お疲れー

鈴木と小暮が去る。

辻元: すこちゃんも、新婚なんだから、もう
          帰ったほうがいいぞ。

小畑: 心配してると思いますよ。

田中: すこちゃん、美人だからご亭主さん、気が気でないよ。

須古: あたしはまだ呑みたいのー。大丈夫だって。

辻元: 少なくても、電話かメールか。

メールがなる

須古: あーうっさいなーもー。

小畑: メールですよ、返したほうが。

須古: 大丈夫だって。店長、ウイスキーボトルで。

辻元: ボトル、今から?

須古: あんたたち帰らないでよー

辻元: 小畑、田中、おまえら今夜大丈夫かー

田中: うちは歩いて帰れますけど、明日は夜勤だし。
     大丈夫かな、すきちゃん。

小畑: 自分もチャリだからいいですけど。

辻元: すこちゃん、いるから、メールだけはかえして。

須古: わかったよおーめんどおー

朝4時

須古: だからーあたしは、窮屈がやなのー何時までに帰ってくるとかー
      他の男性と遊んでいようがー

田中: 不倫はだめだよ。

須古: いいじゃないー。不倫してようがーあたしは、彼が他のひとと遊んでいようがー
     平気なのー。

田中: 相手は嫌じゃないか?

須古: 小さいことーいわないー。

辻元: すこちゃん、飲みすぎだから。ほら、呑まないもうーほらー

店員: すみませんが、お時間ですので。

辻元: ほら、閉店だってよ。帰るぞ。

須古: まだ、飲み終わってないー

辻元: 小畑、悪いけど、これで会計しといて。
    すこちゃん、その間に連れ出す。

小畑: わかりました。

辻元: ほら、すこちゃん、帰るぞ。怒られろ

須古: あーだから。

小畑会計する。

店前 4:11

小畑が店をでると、座りこんでる須古がいる

辻元: 田中、小畑、じゃんけん。

小畑が負ける。

辻元: 負けたから、すこちゃん、背負って。こいつもう歩けないから。

小畑: エー自分ですかー

小畑はすこちゃん、背負う。

小畑: 朝4時でこれはつらい。

その瞬間、傘で小畑で誰かに殴られる

小畑と須古はしりもちつく。

男: てめー俺の女になにしあがる!

須古: 違うー違うー仕事のひとー

男:  ホントに仕事だけ?

須古: 違うーもう、かえる、やめてー

男:  おまえ何時まで遊んでるんだー

須古: 仕事のひとだからー違うーかえうー

男:  もうこういうことはやめろ!

2人は去る

田中: あははは、もう笑うしかない、ボンちゃんよ。

小畑: えー自分悪いの?いつのまにか不倫の相手?

辻元: しゃーない、小畑君、まあまがわるかったな。

小畑: 自分、まだ、まともな、恋愛さえしてないのに。

田中: はははっ、いい思い出になるよ。
    まさか、店の外に待ち構えていたとはな。ボンちゃんよ。すげー伝説

小畑: 平松さーん、ホントに仕事だけ?はこんな感じ?

1996年の若きボンの経験