TOP平松DATAB.C.FRIENDSBONのエリア>妄想ひーくんと三人娘

SHORT STORY

妄想ひーくんと三人娘
 作BON

 ひーくんは32歳の独身OL、趣味で小説を書いている。
ひーくんはスターバックスの1Fでノートパソコンを持ち込み、
物書きをしていた。だがなかなか筆が進まない。
スタバーは2Fがメインフロアで1Fにはひーくんしかいなかった。
ひーくんは顔をこすった。ひーくんはつまると顔をこする癖がある。

 ひーくんはもう1つ趣味をもっていた。
アーティストのファンサイトというものだった。
ひーくんは3人のアーティストのおっかけをしていた。
平松愛理さん、岡村孝子さん、沢田知可子さん。である。
ライブやイベントなどいってはレポートをWEBに上げていた。
ひーくんの創作活動の息抜きになっていた。

 とそこへ、3人の女性が飲み物を持って降りて来た。
ひーくんのテーブルの1コ先のテーブルで囲むように座った。
ひーくんは目を疑った。
なんと、ひーくんが応援している、平松さん、岡村さん、沢田さん
にそっくりなのである。まさか、まさかね。
そんなことがあるはずがないと、ひーくんは疑ったが、
もうひーくんの神経は3人の会話にくぎつけだった。

 アーティストの話しは聴こえてこない。一般的な女性の会話だ。
何だ違うのか。いや、でも何かおかしい。全神経を集中させる
どこからどうみても外見はアーティストなのである。
あまりじろじろ見ると、怪しく思われる。
だからみてないふり、聞いてないふりできいている。

 ひーくんの妄想がはじまった。ひーくんはその3人の女性が
本物のアーティストであるかどうかはもう関係なかった。
本物であってもなくてもいいように、
嘘をいわないように、伝える方法を考え始めた。そしてACT ON。

 ひーくんは携帯電話をかけたふりをした。そして一人で話しだす。

「あ、西脇さん?あたし辛島。え?そうそう、あたし平松さん、
岡村さん、沢田さんのサイトやってるの。しょぼいんだけどね。」

 下の名前を言わないのは嘘ではない。
名字だけでは男性か女性かもわからないのだ。一般の人かもしれない。

 「え?何?しょぼいままかって?え?聴こえずらい・・」

 ひーくんは携帯の裏のふたを開けて、電源電池をとって彼女たちに
みせながら話す。本物ならファンであることに気づき、一般の人ならクレージーに
見えることだろう。

 「あ、よく聴こえるようになった。もう更新しないのって?するよ。
あたしのライフワークだもの。がんがんやるよ!じゃね!」

  ひーくんは携帯電話を切って、電池をいれフタをしめると、2Fに
上がっていった。3人の女性はぽかーんとしている。
作家はたまにファニーなことをするかもしれない。