TOP平松DATAB.C.FRIENDSBONのエリア>LIVE曲論

LIVE曲論

私は、平松愛理のイベントにたくさんいった。数えていないけど
三ケタいくのではないだろうか。

その中でLIVEやイベントで歌う曲ってあるんだけど、
LIVEで歌いたい曲、ほどんど歌わない曲がある。
特に平松さんの場合、歌う曲と歌わない曲の差が激しい。
これはわかる気がする。

私も一応ではあるが、自分の曲24曲持っている。
その中で絶対に歌いたい曲もあれば、作ったけど歌うことは
ないだろうな。と思うものがある。
平松さんの場合、どうしても本人が望んでいようがいなかろうが
mustに近い形で歌う曲が存在する。
これは大ヒットを作った曲の人の宿命じゃなかろうか。
そして、現在推している曲もやらなくてはならない。
まあライブを15曲やるとすれば、mustの曲は3〜5曲
つまりそれを抜いてしまえば、あとはお好みのはずなのだが、
どうしてもLIVE曲は好みがでてしまう

まあ、一応調査ページを見ていただければわかるのですが
まだ歌ったのを聴いたことがない曲が複数曲存在する。
しかし、私が思うにこれは、その曲が好きではないということではなくて。
歌いたい曲が優先されるが故のものではないかと思う。

アルバムに入ったということは、リリース時点で
選抜された曲であるということ。
そう、選抜されているのだ。
私的にはシングルマザーは花と太陽に入ってしかるべきと
思ったのだが、入っていない。
本人だけが決められることじゃないだろう。
覚えているだろうか、2008年マンスリーライブやったあの頃
毎月新曲を出した。にもかかわらず入っていない曲がある。

こんな曲もある。ファンの間では有名な「ピラフになりたい」
どのアルバムにも入っていないこの曲が、
結構ライブで歌っていたりする。

ライブ曲というのは、そういう意味で面白かったりする。
ライブにいって聴ける曲、アルバムで聴く名曲。

聴いているだけの方、平松愛理さんのライブ見に行ってみませんか?
きっと、「セレクトされた」ライブは、その日のライブしか聴けないのだから。