TOP平松DATAB.C.FRIENDSBONのエリア> ミミカリー ひでさん

ミミカリー ひでさん

SCENE 1 会社の忘年会

司会:  と、いうわけで、ビンゴ大会の優勝はとみーさんでした。拍手。

会場拍手

司会:  さあ、というわけで、1次会はそろそろお開きになります。
     2次会はカラオケになります。というわけで、カラオケ奉行の小林さん
     ここで何か歌って。

大林:  いや、俺?!いや、俺、音ないと、歌えないよ。

司会:   大林さん締めてくださいよ。

大林:  いや、俺はアカペラは?芸人魂のひでさんいるから。俺はいいよ。

司会:  ひではなあ〜

社長:  ひで、ひばりやれ。

ひで:  あ、はい。

司会:  なんだよ。こいつかよ。

ひで:  ん?やらなくていいなら、やらないけど。

司会:  ひで、どうぞ。

ひではのそのそ檀上に上がる。社員の半数から拍手が起こる。

ひで:  えー。指名されたので、しめに、ひばりのものまねやります。

社長:  よしいけ。

ひで:  雨、かんかんとー

ひではものまえをやる。半数は聞き入り、半数はイヤな顔する

ひで:  以上、ひばりの物まねでした。皆さん、2次会もでてください。
     では、皆さん、お手を拝借。いよーぱん。

拍手をする。

司会:  ちっ。JAVAも知らないやつがしゃしゃりでやがって、

ひでは聞かないふりして、コートを着る。
ひでは、スマートフォンを見る。21;30をさしている。

ひで:  さて、さっさと帰るか。


SCENE 2 家 朝9:30 

ひでは出てきたチーズトーストを食べている。

和美:  昨日は遅かったのね

ひで:  遅くはないさ、2次会でなかったから帰ったの11時くらいさ。

和美:  そうか。お疲れ様。

ひで:  昨日も社長の命令でひばりのものまねやったよ

和美:  また?社長も好きね。でもよかったじゃない。

ひで:  別によくもないさ、ええかっこしいと思って半数は
     しらーとしてたし、ひばりさんには悪いけど、ものまねはできるけど
     強い想いはあまりないし。

和美:  まあ社長さんは60代、その年代は聞きたいかもしれないね。

ひで:  僕は、平松愛理のファンだから、平松のものまねをやりたい。

和美:  ああ、ファンサイトしているものね。確かにわかるけど、
     
ひで:  わかるだろ?

和美:  わかるといっただけ。だって、平松愛理さんも、今の40代、50代の
     部屋とYシャツと私、は知られているかもしれないけど、
     それじゃもたないわよ。中には20代もいるんでしょ?会社の人。
     20代にもわかるネタも用意しなきゃ。

ひで:  なんで20代に気を使わなきゃいけないんだよ。ひばりより
     想いが薄いかもしれないのに。

和美:  今、動画の時代だからYOUTUBERでもやって、ものまねで儲けたら?

ひで:  いや、ものまねは微妙なライン。コンテンツとして。
     オリジナルコンテンツとしては灰色。グレー。
     自分もよく、ものまね動画みるけど、テレビの有名な人の違法アップ
     はよくみてるけど、あれで収益は・・。

和美:  え?でも自分で動画配信できるでしょ?自分のコンテンツとして

ひで:  ものまね自体には著作権はないけど、歌うたったら、カバーだし、
     いろいろ灰色。ものまね専門YOUTUBERなんてあまりきかないし。しかも収益は

和美:  んーでもやりたいんでしょ?ものまね動画配信。

ひで:  やりたいねえ。お金にならなくてもいいからやりたいねえ。
     平松専門で。

和美:  それは需要がないんじゃない?平松さんには申し訳ないけど、
     ものまね1本専門はあきられる。

ひで:  コロッケさんだって美川さんよくやるじゃん。あれで、美川さん
     再び、再浮上したっていうし

和美:  コロッケさん?あの人たくさんの人やっているじゃない。
     コロッケさんに限らず、100人はレパートリーないと。
     気持ちはわかるけど、残念でした。

ひで:  んー。ミラクルさんだって宇多田さんのファンからはじまったようなものだし

和美:  ミラクルさんだって、たくさんレパートリーもってるじゃない。
     じゃあ、こうしたらどう?自分の知ってる世代のアーティスト20人
     ものまね、5本だせば?1本は平松専門でもいいと思うけど。

ひで:  おお、それはいいな。

和美:  ひでのその、男ですーって顔で、たくさんの女性アーティストものまね
     やったら、話題になるかもよ。40代、50代にうけるものまね。

ひで:  あまりマネされていない人がいいな。

和美:  やってみたら。YOUTUBE配信できる時代だし。

ひで:  よし。


SCENE3  大晦日 夜 家

和美:  ごはんよ。

ひで;  わかった今いくよ。

和美:  いろいろやっていたわね。邪魔しちゃ悪いと思って静かにしてたけど

ひで:  物まねは慣れてるけど、背景とか、編集とか大変だった。

和美:  アップはしたの?

ひで:  して、FBやらTwitterやインスタにアップしたよ。

和美:  視聴回数は?

ひで:  だして、まだ、1時間だからどれも20回ぐらいだよ。

和美:  火がついたらおもしろいね。

ひで:  どうだろうな。なかなか視聴回数あがらないっていうけど、

和美は一万円を差し出す。

ひで:  なにこれ?お年玉?まだ、正月きてないし、俺、おっさんだし。

和美:  違うわよ。1万あげるから、広告とか出してみたら?

ひで:  正気か?

和美:  あなたこそ、正気のさたじゃないわよ。ファン信条から、物まねやるんだから

ひで:  これでどう広告しろと。

和美:  LINE友達で、佳乃さんいるんだけど

ひで:  ああ、平松ファン仲間の佳乃さんね

和美:  広告に詳しいのよ。この人

ひで:  へー。でも1万とかじゃたかがしれてるんじゃ?

和美:  GOOGLE ADWORDSというのがあってね、動画に広告かけられるみたいよ。
     調べてやってみたら。今からやれば、元旦中にはだせるんじゃない?

ひで:  こえーな

和美:  なにを今更。もうアップしてるんでしょ。動画。火がつくまでやってみたら

ひで:  よし、やってみるか。


SCENE4  テレビ局 スタジオ

司会:  さあ、次はYOUTUBEでものまねで注目を浴びた新人、
     ミミカリー ひでさん で平松愛理の部屋とYシャツと私を歌います。どうぞ。

ひでが登場する。会場は失笑するも歌いだすと、驚きの声が続出する
歌い終わると、奥から平松愛理が登場して歌う。

司会;  平松さん、どうですか。ミミカリーひでさんは?

平松:  いや、ぼんちゃん、ナニやってんの?こんなとこで。

ひで:  いや、ナニって、ミミカリーひでですけど。

平松:  こんな大きい人で、いかつい顔で、部屋Y歌うなんて。くふふははは

ひで:  そこ笑うとこ?

司会:  お互い、お知り合いなんですか?

ひで:  いや、そこ微妙・・

平松:  ふぃははははは