TOP平松DATAB.C.FRIENDSBONのエリア>個展少女  ミルちゃん

個展少女  ミルちゃん


都心から少し離れたところにその店がある。
その店は小さな自然食レストランである。
客席の一部にものを飾れる個展を開く場所がある。

ミルちゃんは時々ここで個展を開く。
そして今日もミルちゃんはその個展の傍に座っている。

小さなそのエリアには平松愛理のCD
KOBE MEETINGのTシャツ、グッツなどおいてある。

カランコロン

お客さんが入ってきた。
お客さんはその個展のエリアに行きしばらくみている。
不思議だと思ったのかミルちゃんに声をかける。

「あなたは平松愛理さんじゃないですよね?」
「違います」
「代理でやってる業者さんですか?」
「それも違います」
「平松愛理さんはここに来られるのですか?」
「メールはしたから、日時はわかりませんが来ると思います」
「不思議だな。あなたは誰ですか」

ミルはニヤっとして答える。

「平松愛理のファンです。たまに自分の作った平松グッツもあります。
売上金のすべては震災遺児の為にたてられたレインボーハウスに寄付します」

「さらに不思議だな。ボランティアってこと?」
「ファンサイトの延長線です」

「よくわからんな。まあ売上が役立てられるならTシャツを買っていこう」
「ありがとうございます」

ミルちゃんは笑顔で対応する。