POSTLADY 平松愛理〜創作BON

ページ内リンク

エピソード1 茂浦氏の波紋
           シーン1 シーン2 シーン3 シーン4 シーン5
           シーン6 シーン7 シーン8 シーン9 シーン10

エピソード2 前田氏の病気
           シーン11 シーン12 シーン13 シーン14 シーン15
           シーン16 シーン17

エピソード3 班長との確執
           シーン18 シーン19 シーン20 シーン21 シーン22
            シーン23 シーン24 シーン25 シーン26 シーン27  シーン28  シーン29

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
POSTLADY 平松愛理

ここは郵政民営化される前のお話。この話はフィクションです。
愛理は非常勤のパートとして働く郵便局員。
彼女は郵便局員の正社員になりたいが、試験が難しく
1度試験に落ちている。なれるように日々頑張っている。


SCENE 1

D郵便局集配課。それぞれの机は棚で仕切られている。
彼らはいくつかの郵便物をメールバスケット(ファイバー)
から取り出しそれぞれの仕切られた棚に仕分けしている。
これを大区分という。棚には担当者の名前が書いてあり
普通便を仕分けしている。その横にはおおきめに区切られた
棚がある。他のメンバーは大きな郵便物の仕分けをしている。
がざものと呼ばれている。
4人普通便をやる人がいて、4人ががさものをやっている。
8人がそこで作業している。
がさものを種分けしている女性がいる。愛理である。
KOBE MEETINGのシャツを着てブルージーンズを
履いている。非常勤は制服がない。ただ、胸に名札をつけている。


アナウンス:おはようございます。郵便課からお知らせです。
      朝の分の区分が終わりました。抜き出しをお願いします。

浜野氏:  愛理さん。全部抜き出して持ってきてくれる?

愛理さん: わかりました。

浜野氏:  ああ、これ持ってって。

浜野氏はファイバーを動かし台車に乗せて渡す。

浜野氏:  いい?宜しく。

愛理はそれを運びながら郵便課エリアにいく。1棚は約40
の棚があり、エリア39に入っている郵便物を次々にカゴに入れる。

愛理さん: あれ?

愛理はエリア39に入っている郵便物を見る

愛理さん: うちのじゃないや。

愛理はその束を誤区分処理カゴに入れる。

愛理さん: 40通?50通?間違い多いや。間違いなきゃ今日朝
      配達できるのに。間違い多い。

愛理は抜き出し続ける。8:30になりベルが鳴る。アナウンスが流れる。

アナウンス:さあ仕事をしましょう。今日もラジオ体操からはじめます。

愛理さん: 時間だ。急がなきゃ。

愛理は小走りに抜き出しをする。後方に同じ非常勤ユウメイトの浩二がいる。
浩二は煙草を吸っている。

愛理さん: ちーす。

浩二:   ちーす。

愛理さん: 体操しないの?

浩二:   誰がやるんか、ばからしい。

浩二は煙草の灰を床に落とし踏みつける。

浩二:   ベルが鳴ったら煙草の時間さ、他の正社員みてみろよ。
      寝てるヤツだっているんだぜ?!

愛理は浩二のエリアの人たちをみる。体操やっている人もいるが
寝てる人や煙草すっている人がいる。

愛理さん: そのようだね〜。

浩二:   俺のエリアの郵便物あった?

愛理さん: 46区?ちょっとあったわ。

浩二:   わかった。後でとりにいこう。

愛理さん: じゃあお昼ね。

浩二:   じゃあ

愛理は自分の場所へと戻る。

浜野氏:  おお、サンキュー。これで全部?

愛理さん: はい。
     
浜野は体操をする。内田と時浦はまだ作業している。
が内田が作業を止める。

内田氏:  へい!とっきー。時間だ、ずるはするなよ?!

時浦が作業をとめる。

時浦氏:  今日は勝つぜ。勝負だ!

彼らは体操を始める。

浜野氏:  (小声)奴らはほんと体育会系だな

愛理さん: (小声)そうですね。

体操が終わり新堀副班長がエリアの中心に立つ。

新堀氏:  おはようございます。今日は12月14日月曜日です。
      今日のミーティングを始めます。雨は降っていませんが
      とても寒いです。健康には気をつけてください。
      そしていつもいっていますが・・。再度確認です。
      自転車に乗る際には編みひもをかならず縛ってください。
      今日の年賀状の数は、え〜と。

新堀は眼鏡をいじり、プリントを見る。

時浦氏:  (小声)じいさん、まだ寝てるんじゃねーか?
内田氏:  (小声)ははは

浜野が新堀に近づき、囁く。

浜野氏:  全部で117000

新堀氏:  117000、今日は副班長は6Fに年賀状室を設ける。
      副班長は子区分が終わった段階で6Fにいって作りましょう。

新堀は池内を見る。池内は頷く。

新堀氏:  さあて、が〜んばりましょう。今日のかけあいは・・・。
      ’安全確認よし’

STAFF:安全確認よし!安全確認よし!安全確認よし!

新堀氏:  がんばりましょう。

彼らは働き始める。

愛理さん: 今年の年賀状はどのくらい届くんでしょうね?

浜野氏:  ん〜そんなんじゃないんじゃねーか?毎年減ってきてるしな。

愛理さん: 不況で?

浜野氏:  それもあるだろうけどある会社は社員間の年賀状をやらないよう
      呼びかけているところもある。年賀状は古き伝統だ。
      わかいもんはやらないヤツもいるだろうしな。
      ともかく愛理さん、君も6Fで年末高校生ゆうめいとと一緒に
      やってもらうことになるよ。これらの高層マンションのヤツね。担当!

愛理さん: やっぱり?

浜野氏:  先生〜お願いします〜。

愛理さん: ははは、先生?私の先生は浜野さんでしょ?

浜野氏:  そのエリア最近、俺やってないし、だから君が担当。

愛理さん: ほんと、そう思う?

浜野は愛理が持ってきた郵便物を見る

浜野氏:  これで全部か。そんなんじゃないな。やろうか。

愛理さん: はい。

彼らは始める。



SCENE 2  

小包到着場及び郵便車庫B1.10:08
愛理は自分が運ぶ郵便物を運ぶ。時浦も一緒にいる。
時浦はグループの小包を区ごとにわけている。
他のスタッフもおり、同等のことをやっている。
が、愛理のグループは時浦しかいない。

愛理さん:  手伝いましょうか?

時浦氏;   ああ、もうすぐ終わんよ、愛理、でかいカートあっちに戻しといて。

愛理さん:  わかりました。

時浦氏:   気をつけてな!重てえからよ。

愛理は風呂がまみたいなカートを運ぶ。他のグループのスタッフが愛理に近寄る。

スタッフ:  ねえ、これそっちのだろ?

愛理はその小包を見て言う。

愛理さん:  そうだと思います。

スタッフ:  そうか。

スタッフはその小包を愛理に渡す。愛理はカートを隅っこにおき時浦のところへ戻る。

愛理さん:  時浦さん。38区の小包です。

時浦氏:   あ?みせてみ?

時浦は小包を見る

時浦氏:   くそ、間違いばっかしがって!一度出発したらもう配達しねえからな!

愛理さん:  (苦笑い)

内田があらわれる。

内田氏:   あ?もう並べたのか?

時浦氏:   うっち〜。おせえよ。みろよ。お前の区だけいっぱいあるぜえ。

内田氏:   くそ、多すぎるよ。全部終わるかあ?

時浦氏:   早くやれよ。俺も早くやって終わらせたら手伝ってやんよ。

内田氏:   きても無駄だといいたいところだけどね〜

時浦氏:   ははは。おい!愛理の分はあれだ!

愛理さん:  はい。

時浦氏:   おい!お前が4F出るときまだ、安達はいたのか?

愛理さん:  はい、いました・・。

時浦氏:   おっせーえよ!41区だろ?俺だったら終わらして、10時前に
       ここでてるよ!のろまめ。

愛理さん:  (苦笑い)

愛理は自分が配る小包を見る。大きなバイクの音が聞こえる。バイクから降りる
男がいる。茂浦である。大きな音を立てながらバイクのエンジンをきり
小包を持って事務所へいく。課長がそれを見て彼に言う。

課長:    茂浦君!あんま大きな音たてるな!

茂浦氏:   (小声)るせ〜ばーか。

茂浦は小包を机の上において、スタッフに言う。

茂浦氏:   まるつう!

スタッフ:  おい!なぜここに置く?!

茂浦氏:   は!

茂浦はバイクのところにいき乗る。愛理と目があう。茂浦は愛理を
しばらくにらむ。そして運転して去る。

スタッフA: なんだあれは!!頭にくる!

スタッフB: 構うな。忘れろ。いつか彼は首になる。俺が4Fに持ってくよ。

課長:    いかれてる。

愛理は時浦言う。

愛理さん:  私を嫌いみたい。

時浦氏:   気にすんな!くそだよ。なんだあれは?見ろ。みっともない!
       ヤツは服の着方もしらんのか?愛理が嫌いだ?上等じゃねーか。

内田氏:   ああ、そういえば、大倉株式会社の受付嬢に手を出そうとしてるみたいだぜ。
       だけど、ははは、その人は迷惑に違いない。

時浦氏:   愛理。あいつとは付き合うなよ?安達のほうがまだましだ。
       ま、俺は嫌いだけどな。

内田氏:   は、確かにな。

愛理さん:  (苦笑い)

愛理は自分が運転する車へ行き、ポケットからキーを取り出し、車を少し動かし
郵便物を運びいれる。時浦が愛理に近づく。

時浦氏:   愛理。この小包頼むぜ。今日、うっち〜手伝わないといけないが、
       ここに寄ってると時間短縮できねえんだよ。

愛理さん:  わかりました。

時浦は小包を渡す。愛理は運転する。


SCENE 3  


郵便車の中。愛理は荷物を運んでいる。

愛理さん:  (独り言)時浦さんはいつもいうことが荒いわ、よく飲んで、よく働き、
       荒いこという、そうだわ。安達さんがかわいそう。子分みたいだもんね。
       でもそんなことは言えないわ。それいったらバランスがくずれちゃう。
       私、非常勤だし、面白いことは言わないほうがいいかもね。
       だけど、茂浦は・・。時浦さんが嫌うのわかるわ。だってほんと厭だもん。
       だけど、なぜ彼が私を睨むのかわからないわ。彼に厭なことしたかしら?いいえ。
       彼はいつもトラブルおこして怒っているもんね。

愛理は運転を続ける。信号を左に曲がり、車をとめる。車をロックしキーを抜く。
車を降り、車の後方へ行き、キーを差し込み、カギを解いてドアを開け小包をとる。

愛理さん:  さて、時浦さんが出した小包からやっちゃうか。・・だけどなんで私がこれ配達
       しなくちゃいけないの?時浦さんが忙しいのはわかるけど・・、仕事早いし、
       だけどあたしも忙しいのに。

愛理は小包を持ち、ドアを閉め、ある会社の入り口に行き、入り、受付にいく。誰もいない。

愛理さん:  すみません。郵便局です。この小包にサインしていただけますか?

ある女性スタッフがゆっくり現れる。

愛理さん:  すみません。郵便局です。

女性:    (小声)郵便局嫌いなんだよねえ〜

愛理さん:  え?

女性:    いえ。

愛理は小包から配達証明書を抜き取り机の上に置く。

愛理さん:  ここにサインかスタンプお願いします。

女性:    (ため息)会社印だけでいいかしら?私のサインはいらないわよね?

愛理さん:  大丈夫です。

女性:    ここに私のサインは書きたくないの。彼が見るから。

愛理さん:  え?

女性:    あ、気にしないで。独り言。

女性は会社印を押す。

愛理さん:  ありがとうございます。

女性:    (小声)他の方は親切なのにね。

愛理さん:  ・・・・

愛理は出口に向かおうとする

女性:    あ、待ってください。これ誤配です、これ誰かが書きとめ間違えたみたいです。

愛理は女性に近づく。

愛理さん:  書留ですか?

女性:    この手紙、メールオープナーで開けてしまいました。でも切るときには気づかなくて。

愛理さん:  そ・・うですか。これは・・・。

女性:    おたくの’誰か’が誤配したものよ。

愛理さん:  わかりました。気にしないでください。こちらのミスです。

愛理は配達証明書と誤配メールを持って出る。

愛理さん:  まずいわね。

愛理は車へ戻り、ポケットからキーを取り出して、エンジンをかけ、窓の前の棚にそれらを置く。

愛理さん:  なんであの人怒ってるんだろう?あ!わかった!茂浦だ!内田さんがいってたわ。
       彼は仕事中、受付嬢デートに誘ってるって。わかった、だからだ。

愛理は運転する。


SCENE 4

郵便局食堂。7F。12:41、愛理は浩二が昼食をとっているのが見える。
愛理はランチトレイを持って浩二のところへ行く。

浩二:   愛理、遅いね。あれ?今日それだけ?

愛理さん: 今日そんな気分じゃないのよ。

浩二:   ああ、おかず狙ってたのに。

愛理さん: 何それ?健康的でしょ。お魚。

浩二:   いや、100円の小皿のやつとか。

愛理さん: 今日はいいわ。

愛理は食べだす。

愛理さん: それ美味しい?

浩二はカレーライスを食べている。

浩二:   美味しくないよ。見てよ。これルーだけじゃない?野菜見えないよ。

愛理さん: 溶けてるんじゃない?ふふっ

浩二:   そう思うか?

愛理さん: お金貯めてるんだもんね、しょうがないよね?ふふっ、よく食べるのに
      無理しちゃって。

浩二:   俺わな、新しい車ほしいんだ。

愛理さん: 車ねえ〜。男って現実性ないわね。

浩二:   お前の彼のこといってんの?

愛理さん: あいつもちょっと金の使い方しならいんだよねえ。

浩二:   男はロマンなんだよ。わかるか?

愛理さん: わからない。全然。

浩二:   今日は機嫌わるいな。仕事どうだ?今日遅かったが。

愛理さん: 大変。忙しい。でも今日はトラブルがあってねえ。やだ。

浩二:   何?

愛理さん: ある会社の受付の人から誤配の手紙もらったのよ。
      その手紙はメールオープナーで切られているのよ。

浩二:   ひでえな。お前の責任?

愛理さん: いや、書留だから、私の責任じゃないわ。課長に渡してきた。

浩二:   お前の責任じゃねえんなら、いいんじゃね?課長に渡して終わりだろ?

愛理さん: そうね。なんか厭な気分がするだけ。

彼女は食べる。


SCENE 5  

11班エリア。時浦と内田は将棋をしている。愛理はすでに大区分をしている。


時浦氏:  じゃ、これはどうだ?大手!

内田氏:  あ、くそっ、待て、待て。

時浦氏:  負けを認めろよ。

内田氏:  いや、まだ・・。

時浦は時計を見る。時浦は愛理と目線が合う。

時浦氏:  1:40.まだ5分ある。彼女もうはじめてやがる。みな。
      フライング。ばかだね〜

内田氏:  彼女はまじめだから、午後の仕事はやく終わらせたいんじゃないか?

時浦氏:  終わらせたい?終わったら、ワープロやって資料作ってんじゃね〜か。

安達氏:  とても助かっています。

時浦氏:  助かっている・・。確かにな。だけど俺は敢えて言うぜ。ばかじゃね?
      非常勤なんだからよ、俺だったらぜってえやんねえけどな。
      (大声)愛理さんよ!どうだい?

愛理さん: ひどいです。ダイレクトメールが入っていて、とても多い。

時浦氏;  (他のメンバーを見て)たくさんのDMだってよ。、しゃーねーやるか。

内田氏;  このゲームはドローだな。

時浦氏:  ああ?俺の勝ちだろ?

突然茂浦が怒った形相で課長席へと向かう。。

時浦氏:  ・・なんかまたやったんじゃねーの?くそが。

田崎課長が叫ぶ。

田崎課長; こっちに来い!茂浦君。早く!

茂浦氏:  うっせーな。

田崎と茂浦は話しは見ている。他のメンバーは少しその様子を見ている。

田崎課長: いったいどういうことなんだ?君は書留誤配しやがって。
      それどころか、開封もされてしまって。

茂浦氏:  開封したのは俺じゃねえ!

田崎課長: やかましいわ。黙ってきけ!

時浦は他のメンバーに言う。

時浦氏:  くそだな。さ、みんなやろーぜ。

彼らは郵便課エリアへ行く。

愛理さん: ・・やっぱりトラブルになった。

愛理は目をそっちのほうへやる、時浦がそれを見て言う。

時浦氏:  くそはほっとけ。時間の無駄!

愛理さん; ・・・

愛理は仕事を始める。
田崎課長の席。電話が鳴る。田崎はとる。

田崎課長;  集会課、田崎だ。何だ?

スタッフ:  課長、集配課にコールがかかっています。つなぎます。

田崎課長:  誰だ?わしは忙しいんだ。

スタッフ:  竹之内株式会社さんからです。書留のことについてです。

田崎課長:  わかった、わかった、つなげ。

田崎は電話機のどこかを押して話し始める。

田崎課長;  もしもし、集配課長の田崎です。書留についてですね。

男:     書留のことでお伺いしたい。昨日、弊社の大阪地区の人間から
       書留でうちで送った。だが、まだうちらは受け取っていない。
       社内で送った人間に問い合わせたが、彼は言った。
       ちゃんと送ったと、郵便局員がいうには今日の朝、届くと言ってた。
       今日の午後、社内で使う資料だ。何が起こったのか説明してほしい。

田崎課長;  ・・その件についてですが、謝罪しなければなりません。
       先ほど、わがスタッフに事情をきいたところ、誤配したことが判明
       いたしました。

男;     誤配だと?書留なのに?意味ないじゃないか!

田崎課長;  おっしゃるとおりでございます。申し訳ございませんでした。

男:     で、そのメールはどこだ?早く配達してくれ。

田崎課長:  もちろんでございますが、もう1つ謝罪しなくてはなりません。

男;     なんだ?

田崎課長;  誤配したところの企業さんが事故で封を開けてしまったのです。

男;     封をあけただと?誤配して封を開けられただと?なんだそれは?
       封を開けた企業はどこだ!

田崎課長;  ええ。。、

男;     そこまでしといて何も言わないつもりか?

田崎課長:  ・・大倉株式会社さんです。

男;     いったいぜんたいとういうつもりだ?何が起こってる?
       ちゃんと教育してんのか?とにかく早くもってこい!

田崎課長;  わかりました。

田崎は受話器を置く。

田崎課長:  (茂浦を見る)クレームだ!

田崎課長は新堀が目の前を通る。課長は新堀に言う。

田崎課長:  新堀さん。こいつまたやりやがった。竹之内会社にいって
       謝罪してこなくてはならん。一緒についてきてくれないか。


新堀氏;   わかった。

新堀は茂浦を見る

新堀:    ・・粗品でも探そう。

田崎課長;  頼む。茂浦!こい!叱ってやる!

田崎課長と茂浦は部屋を出る。
新堀は池内に会う。話しかける。

新堀氏:   池内さん。課長と一緒に竹之内にいかなくちゃいけない。
       彼がまたやった。だから・・。

池内氏:   わかった

新堀はエリアを出る。他のスタッフが、午後の配達分のメールを持って
戻ってくる。池内はスタッフにいう。愛理もきく。

池内氏: みんな聞いてくれ。新堀さんはやることが他にできたので
       午後、ここにいない。だから小包は互いに手伝うようにしてくれ。
       私も手伝う。

時浦氏:   あの、ばかなヤツのせいでか?

池内氏:   ・・ああ。

内田氏:   くそっ。いつもいつもだ、ヤツは!
       見ろよ。ダイレクトメールの山!

池内氏:   私もやるから。やるから。

浜野氏;   でも、6Fの年賀状室の準備があるんでしょ?

池内氏:   ここ手伝った後にする。他のエリアの班長たちにいっておく。
       はじめてくれ。私は37区やる。

彼らは働き始める。時浦が愛理に近づく。

時浦氏:   おお、君はよく働くなあ。あの馬鹿よりかは使える。
       ヤツの代わりに常勤になったらどうだ?
       とにかく、午後も小包頼むよ。時間あんだろう?!

愛理さん:  ・・はい。

浜野氏:   おいおい、あんま彼女いじめんなよ。非常勤なんだからさ。

時浦氏:   浜野はラッキーだよ。彼女フライングしてんだからな。

浜野氏;   わかった。俺が小包手伝うよ。

時浦氏;   ははは、’誰か’のやってくれよ。誰かの!

浜野氏:   はは、誰かのね。

愛理さん:  (苦笑い)

彼らは仕事を始める。


SCENE 6 

ドトールコーヒーショップ17:30
愛理と敦はコーヒーとサンドを運んで禁煙席へ行き座る。

愛理さん:  (ため息)

敦:      どったの?食べないなら俺がたべちゃうぞ?

愛理さん:   これはあたしの!

愛理はコーヒーをすする。敦は食べる。

敦:      う〜めえ。こいつはスパイシーだ。

愛理さん:   聞いて。茂浦がまたやったの。

敦:      え?

愛理さん:   朝、あたしが配達したところで、誤配があって。
        それは開封されていたの。あたしのせいじゃないけど。
        昼に課長にそれを出したわ。大きな問題になったの。
        クレームがきたのよ。ある会社から。
        ’どうしてくれるんだ!’みたいな感じで。

敦:      そうか。

愛理さん:   課長と副班長と茂浦が会社に謝りにいったわ。
        でも大丈夫。なんとかなったわ。人がいなかったから
        大変だったけど。私は時間前から仕事してたから
        そうでもなかったけど。

敦;      (小声)とんだお人よしだな。

愛理さん:   え?

敦;      なんでもない。じゃあとても忙しかったんだね。

愛理さん:   そうよ。なんとかやったわ。だけど課長もおかしいわね。
        私は12:35に渡したのよ。彼は見ないでランチにいったわ。

敦:      なんで知ってるの?

愛理さん:   私が昼飯いった、45分には他の席でランチしてたから。

敦:      ふうーん。

愛理さん:   あんま聞いてないみたいね。どうしたの?
        仕事順調?

敦:      ベットメイクなんてするもんじゃないね。今日10ルーム
        はら減っちゃったよ。スパイシードッグだけじゃたりない。
        ミラノAサンド食べるか。

敦がレジにいこうとする。愛理が止める。

敦:      おいおいなんだ?

愛理さん:   財布かして。

敦:      財布?なんで?お、おい。

愛理は敦の財布の中身を見る

敦:      おい、財布のなか覗かないでくれよ、今日も昨日も。

愛理さん:   昨日は5千円札はいっていたのに、もう三千しかないわ。
        お金使い過ぎよ。

敦:      関係ないだろう?財布の中がからっぽになったら銀行から
        おろしてくりゃいい話じゃん

愛理さん:   そういうことじゃなくて!

敦:      わかってるよ。

愛理さん;   わかってない。ただえさえ、給料安いのに。

敦:      しょうがないじゃん。うち孫請け会社だから稼げない。

愛理さん:   だからなおさらでしょ?お酒もたばこも賭けごとも
        やらないのに、もったいないの。

敦:      稼いだから金使う。CD買ったりパソコンもほしい。

愛理さん:   あたしはそうじゃないわ。私のことどう思ってんの?

敦:      好きだよ。

愛理さん:   ほんとにぃ〜?

敦:      ああ。

愛理さん:   じゃあ私たちのことかんがえなくちゃ。結婚費用とか
        住まいのこととか。

敦:      ああそのことか。

愛理さん:   そのことか、じゃない。私だって常勤になるために頑張っているのに。
        そして二人の為に貯金してるのに。

敦:      愛理は公務員になれるよ。頑張っているもんな。

愛理さん:   ひとごとね。私は服買いたいし、おしゃれもしたい。
        二人の為に我慢してるのに、あなたは正社員にならないの?
        バイトじゃなくて。

敦:      今の時代フリーターって多いよ。愛理もそんな感じだろ?

愛理:     (ため息)


SCENE 7  

郵便局食堂7F 12:40 愛理はランチをとっている。浩二が近づく

浩二:     お!今日は俺より早いな。

愛理さん:   今日はそんなに小包なかったからね。でももう40分よ。

浩二:     だな。

浩二は座り食べ始める。

浩二      あれ、今日もそれだけ?

愛理さん:   彼がね、意外と浪費家だから。

浩二:     ちぇっ。100円小鉢狙ってたのに。

愛理さん:   残念でした。

浩二:     そんなヤツと別れて俺と付き合う?

愛理さん:   いやよ。車もってるくせに、新しい車買いたいんでしょ?
        生活がみえないわよ。あんたじゃ。

浩二:     男のロマンよ

愛理さん:   わかんない。それよりどうしたの?あたしより遅いなんて。

浩二:     ’料金’があわなくてな。お前、小包やってるから、料金は
        やらないからわからないだろうけど。

愛理さん:   あたしも時々やるよ。代引きもあるし。いくらあわなかったの?

浩二:     10円、されど10円、会社によっては切手で払うんだけど、
        1円切手とかだされるとな、時間もかかるし、計算も面倒だし。

愛理さん:   で、合わなかったのね。そんなことよりオシャレなカフェでスイーツ
        食べたい。

浩二:     いきゃいいじゃん。

愛理さん:   いけないのよね〜これが。

彼らは食べる。


SCENE 8 

11班13:45 愛理はすでに仕事を始めている。
時浦、内田、安達、浜野はおしゃべりをしている。


内田氏:   でさ、あ・・。くそ1時45分だ、休憩終わり。

時浦氏:   さあ、ぼちぼちやろうか。おい!安達、これごみ箱に捨てといて!

内田氏:   こっちのゴミもな。

安達氏;   わかりました。

内田と時浦はカゴと台車を持って郵便課エリアに行く。
安達は空き缶とごみを持つ。

浜野氏:   たまにはいいかえせや〜

安達氏:   ・・・はい。

安達はごみを捨てて郵便課エリアへ行く。浜野が愛理に近づく。

浜野氏:   愛理さん、今日はユーメイトミーティングの日じゃないか?
       時間だよ。

愛理さん:  あ、忘れてました。いかなきゃ。

浜野氏:   少しの間、代わりをしてやるよ。

愛理さん;  ありがとうございます。

愛理はロッカーエリアのところへ行く。何人か集まっている。

浩二:    遅刻。

愛理さん:  もうはじめてたのよ。

浩二:    フライング。

森本課長が現れ話はじめる。

森本課長:  みんな、座って、座って。

ユウメイトは席に座る。
森本課長はメンバーに紙を渡す。

森本課長:  いよいよ年末がやってきます。高校生ユウメイトが
       12月24日から働きはじめます。よく教えてあげるように。
       え〜特に注意してもらいたいのが、何度もいっているが
       自転車に乗る際には後ろの網をかけて縛ること。
       防犯対策の1つです。あと誤配には気をつけてください。
       わからない郵便物があった場合には適当に入れたりせず、
       担当者や班長に聞いてください、そうしないと、’おおきな’
       問題になります。以上。スタンプ押してください。

ゆうめいとは自分のハンコを取り出し、ユウメイトミーティングノートにはんを押す。
押した者から順々に自分のエリアに戻る。

浩二:    時間の無駄だ。

愛理さん:  そのとおりよ。朝同じような話を聴いてるわ。これの為に5分仕事できない。

浩二:    お前、ほんとまじめだな。

愛理さん:  それはともかく、集配課になんで課長が4人もいるのかしら。

浩二;    知らねえよ。仕事しないで新聞読んでるやつらな。税金の無駄

愛理さん:  そうね。じゃ、また

浩二;    じゃな。

愛理はエリアに戻り浜野に近づく。

浜野氏;   ん?なんか忘れもんか?

愛理さん:  終わりました。

浜野氏:   は?

愛理さん:  意味ない。

愛理は渡された紙を見せる。

浜野氏:   ・・・なんだこりゃ。資源の無駄使いだな。朝のミーティング聞いてるだろ?
       それで十分だ。いるか?

愛理さん:  いいえ。

浜野は紙を丸めて、ごみ箱に捨てる。

浜野氏:   非常勤を把握していない。すべての非常勤ゆうめいとは朝のミーティングに出ている。
       そしてみんな長い期間働いているし、わかっているはずだ。
       年末の高校生ゆうめいとにだけやればいいんだ。

愛理さん:  私もそう思います。

浜野氏:   森本課長か?

愛理さん:  はい。

浜野氏:   彼はミーティングが好きだな。とにかくはじめよう。

愛理さん:  わかりました。

メンバーがもどってくる。沢丘班長が話し出す。

沢丘班長;  さあはじめてくれ。頑張るように。今日の午後、年賀状は96000枚
       入ってくる。ここが終わったら、6Fにいくように。以上。

総務スタッフが沢丘班長にかけよる

スタッフ:  沢丘班長。大倉株式会社から電話が入っています。

沢丘班長:  何事だ?

スタッフ:  ・・・それが・・。

沢丘は電話をとる。

沢丘班長:  8班班長沢丘です。

男:     おい!君は職員をちゃんと教育しとるかね?

沢丘班長;  は?!

男:     仕事中にデート誘っているスタッフがいるそうじゃないか。

沢丘班長:  は?!

男:     お前のとこのだ。多分。今日、うちの受付嬢が仕事辞めたいといってきた。
       彼女はいつも丁寧でやさしく仕事もできる、仕事も嫌いではないようだ。
       なんで辞めたいかきいてみたら、彼女は言った。ある郵便局員が嫌いだ。
       厭なことをたくさんいう。ランチへいこうだの、悪いことばかり
       言っているそうじゃないか!セクハラだ!我慢できないといって辞めたいと
       言っているぞ!

沢丘班長:  大変失礼いたしました。

男:     そんな言葉は聞きたくない。会社として言ってる。会社に問題があって
       彼女が辞めるのは仕方ない。が、お前のところが原因だ。どうしてくれる?    
       なんで、そんな男に血税を払っている?おまえら民営化しろ!

沢丘班長:  申し訳ございません。すぐに謝罪に参ります。失礼いたします。

沢丘は受話器を置く。

沢丘班長:  (叫ぶ)くそ!またやりやがったか!

スタッフが班長を見る。

時浦氏:   誰?誰がやった?

沢丘班長:  くそ男だ!

内田氏:   おいおい。冗談いうなよ。昨日やったばっかだぜ?

沢丘班長:  配達中にナンパしてたんだ!

時浦氏:   馬鹿だな!

時浦は机をたたく。

沢丘班長:  田崎課長はどこだ?

スタッフ:  6Fです。

沢丘班長:  で、ヤツはどこだ!?

池内氏:   B1にいるはずです。

沢丘班長:  なんでヤツの為に謝らなくちゃならないんだ!

沢丘はエリアを出る。池内がそれを見て笑う。

内田氏:   馬鹿は治らないな。

時浦氏:   36区どうする気だ?沢丘出てったぞ?
       帰ってこないぞ。あほだから。6Fにそのままいくんじゃないか?

浜野氏:   36区通配は俺がやるよ。愛理さん。

愛理さん:  はい。

浜野氏:   午後の39区は愛理さんにとっては楽勝だよな。だから午後、
       小包を頼む。

愛理さん:  わかりました。

浜野氏:   お前の配達分作っておくよ、(他の人に)悪いが誰か36区の小包やってくれ

内田氏:   俺やるよ。

時浦氏:   は!時間あまればやってやる。

池内氏:   わしも手伝うか?

内田氏:   池内さん、午後3時には6Fいかなきゃいけないでしょ?

池内氏:   なんとかするよ。

浜野氏:   愛理さん、見かけない郵便物あったらここに置いといて。

愛理さん:  わかりました。

38区をやぅてる徳永が愛理に近づく。

徳永氏:   これ39区のでしょ?

愛理さん:  あ、はい。

徳永は愛理に郵便物を渡す

愛理さん:  徳永さん、冷静ですね。

徳永氏:   何?

愛理さん:  みんな感情的なのに。

徳永氏:   僕には関係ない。

浜野氏:   ・・・はは、愛理さん、再開だ。

愛理さん:  はい。

彼らは仕事を始める。

SCENE 9 

職場。沢丘はメンバーに紙を配る。そしてイスに座る。16:45

沢丘:    本日の終了ミーティングを始めます。
       みんな机の周りに集まって。集まって。

メンバーは集まる。

沢丘:    近く、近く。

メンバーはイスを運んで近くに座る。

沢丘:    さあ、はじめよう。知ってのとおり、茂浦君は
       大倉株式会社の受付の人にセクハラをした。
       そしてクレームになった。そんなことはしないように。
       彼みたいにはならないように。

時浦氏:   たこが!彼以外に誰がやる?!

メンバーは苦笑いをする。

沢丘氏:   (嘲笑)落ち着け。時浦君はそんなヤツ他にいないといった。
        それでいい。気をつけろ。お客様に迷惑かけないように。
        そして誤配もそうだが。」

内田氏:   茂浦はどこにいる?

沢丘氏:   午後休をとって帰った。

内田氏:   なんで俺らに謝罪しないんだ?なんでここにいないんだ?くそ!

浜野氏:   彼はそんなヤツさ。

沢丘氏:   彼のことは考えるな。無駄だ。そして・・・ああ・・

沢丘はすべてのメンバーに紙を渡す。

沢丘氏:   これは冬ギフト小包の販売報告だ。1個しか売ってないやつは、
       まあ特に自分が買ったやつは、次回頑張るように。
       徳永君、わかったか?

徳永氏;   (小声)わかりました。

沢丘氏;   明日から残業になるが頑張るように。年賀状の用意をしなくてはならん。
       16:45分だ。以上。明日も宜しく。

徳永はすぐさま帰る。

内田氏:   ヤツはすぐ帰りたがるな。なんかいいことでもあんのか?

時浦氏:   知らねえな。群れるのいやがるからな。おい、浜野。夕食くいにいこうぜ。

浜野氏;   おお、いいね、いいね。愛理さんもいこう、あれ・・?

内田氏:   彼女は帰ったよ。

浜野氏:   帰ったのか。彼女にも参加してほしかったんだが。

内田氏:   非常勤なのにか?セクハラじゃなええか?ははは

時浦氏:   ま、俺なら当然帰るけどな。

浜野氏;   いやいや、彼女はいいやつさ。我々と飲みたがってる。

内田氏;   確かに、彼女はいいね。

時浦氏:   非常勤としてな!俺は彼女はよう知らん。

浜野氏;   次回誘ってもいいかい?

内田氏:   それはいいよ

時浦氏;   いつかな。おい。安達!

安達氏:   (小声)はい

時浦氏:   のみにいくぞ。

安達氏;   はい。

内田氏:   よし、いこう。

彼らは着換えにロッカーへと向かう。

       

SCENE 10 

ドトールコーヒーショップ。17:40
敦が’A’サンドイッチを食べている。
愛理は彼をみてため息をする。コーヒーをすする。

敦:     ん〜’A’サンドだけじゃたりないな。’B’でも・・・

愛理は彼の腕をつかむ。

敦:     わかってるよ。金のことだろ?

敦は彼の財布を愛理にみせる。

敦:     今日は昼に400円しか使わなかったよ。

愛理さん;  当然でしょ?そうじゃなくて今よ。もう580円使ったでしょ?
       で、まだ使うの?

敦:     で、でも腹が減ってるんだ。

愛理さん:  家で食べなさいよ。

敦:     わ、わかったよ。

愛理さん:  いやみたいね。

敦:     ん、いや、今日仕事どうだった?

愛理さん:  話題変えちゃって。まあいいわ。茂浦がまたやったの。

敦:     何を?

愛理さん;  ホテルの従業員ってお客さんにちょっかいだしたりするの?

敦:     ん?なにそれ?ベットメイクは、普通は御客さんがいない間に
       清掃するから、そういうことはできないね。

愛理さん:  フロントは?

敦:     フロントは別会社だから知らないけど・・、

愛理さん:  茂浦が、ある会社の受付嬢に手をだそうとしたの。
       会社がクレームをつけてきたわ。

敦:     おまえのとこ、ろくなのいねーな。それでそういうのに税金払ってるわけ?

愛理さん:  ひどいでしょ?

敦:     ひどいね。まあ僕がこれで健全な男って認めてほしいな。僕はしないよ。
       そんなこと。

愛理さん:  浪費家だけどね〜

敦:     580円で浪費家っていわれてもな。

愛理さん:  (ため息)


SCENE 11

オフィス8:40.副班長、前田が朝礼をはじめようとしている。
紙を持っているがちょっと震えている。愛理は小声で内田氏に話す。

愛理さん:   あの人全然見てなかったわ。何をしてたの?

内田氏:    ・・副班長の資格なんかねえ。

もう一人の副班長、池内がそれを聞いて彼らに話しかける。

池内氏:    どうやら課長が今日、出勤できるか否か電話で話していたようだ

内田氏:    だから課長は不安なくオフとってるわけだな。

前田が読み始めた。

前田氏:    (小声)皆さん、おはようございます。12月19日木曜日、雨。
         運転するときは・・

時浦氏:    きこえねーよ!もう少しでかく話してくれよ!

前田氏;    年賀状の処理があるため、皆さん、残業しなくてはなりません、
        皆さん、頑張ってください。約312000枚、朝到着したそうです。
        通配がおわったら6Fに上がってください。そして雨が降っているので
        事故に気をつけてください。今日のかけあいは・・・
        スリップ注意OK。 

スタッフ;   スリップ注意OK。スリップ注意OK

前田氏:    がんばりましょう。

彼らは働き始める、30分経過する。愛理さんはため息をつく。

愛理さん:   (つぶやく)まだこんなにある。

愛理さんは大区分をしている。そして横で働いている前田がとても遅いのに気付く。
愛理さんが3つ処理するたびになんとか1つ処理している。
そして前田は処理のわからないメールがたくさんあるようだ。
彼はわからないメールを小さなかごに入れる。

愛理さん:   (つぶやく)浜野さんと一緒の時は9時前に大区分終わるのに。
         もう九時だわ、でもまだこんなにある。

さらに20分経過する。愛理さんはいくつかのメールを処理する。大区分が終わる。
それを確認して前田はどこかへいく。

愛理さん:   やっと終わった。

時浦はすでに小区分の仕事をしている。愛理の言葉を聞いていう。

時浦氏:    (笑)おい!愛理!たらたら仕事してんじゃねーよ。

愛理さん:    もうやだ。

時浦氏:     のろまのせいでか?浜野は休みだ、一生懸命働きな。

愛理さん:    ははっ。前田さんはどこいったの?

時浦氏:     知らねえな。トイレじゃねえの?

愛理さん:    困る。メール合わせなければならないのに。小区分できない。

時浦氏:     は!知らねえな。くそはしばらく戻ってこないと思うぜ。

内田がその会話を聞いていう。

内田氏:     愛理さん。こっちに回すメールってある?

愛理さん:    私がやったのはすべて回したんだけど

内田氏;     そんなこといってんじゃねえよ。彼がやったやつさ。

愛理さん;    知らない。

内田氏;     そうか。

内田は前田がやってた机に行き小さなかごをみる。40通はある。

内田氏:     なんだこりゃ。

愛理さん:    知らないわ。前田さんがやったの訊けないし。

内田氏;     くそ。

内田氏は1分ほど作業をする。

内田氏;     終わり。

愛理さん:   ありがとうございます。

内田氏:     愛理さんがそんなこという必要はねえ、へい、とっきー!

時浦氏:     あ?聞こえねえな!そこのメールのことなんてよ。

内田氏:     千倉株式会社、転送分。

時浦氏;     聞こえねえな。もう縛ったんだぜえ?!

内田氏:     はは。ほらよ。

内田は時浦のデスクにメールを置く。

時浦氏:     冗談は寝てからいえ。まったく。

内田氏:     俺のところの転送分もあるんだぜ、くそ。

内田は自分が配んなきゃいけないメールを見せる。

時浦氏:     たらたらやってるヤツきれえなんだよ。

内田氏;     俺も嫌い。

内田は自分のデスクに戻る。新堀氏が愛理に近づいていう。

新堀氏;     わかった。愛理さん、メールを合わせよう。

愛理さん:    わかりました。

彼らは処理を始める。3分が経つ。

新堀氏:     ・・17セルビルディング

愛理さん;    はい、17・・

愛理さんは新堀が渡したメールを受け取り、一緒の棚に入れる。

新堀氏:     投光ホテル・・と。

愛理さん;    ・・投光・・。はい。

新堀氏;     以上。

愛理さん;    ありがとうございます。

新堀氏:     いやいや。

新堀は自分のデスクに戻り自分の仕事を始める。
愛理さんは小区分を始める。前田が戻ってくる。
彼は何も言わずにしばらく、自分の机を見つめ、座り仕事を始める。

時浦;      (小声)くそ男め

愛理さん;    彼は何を考えているんだろう?

10:45愛理さんはレインコートを着る。もうすでに部屋は薄暗い。
エリアのほとんどが電気が消されている。そこには前田と新堀、そして
愛理さんしかいない。他のスタッフはすでに外に出てしまったようだ。
新堀はレインコートを着る。前田はまだ机で作業をしている。

新堀氏:     10:45だ。愛理さんもう出られるか?

愛理さん:    はい。

新堀氏:     今日は午前中は小包は心配する必要はない。午後やればいい。
         それだったら12:30までに戻ってこられるだろう。

愛理さん:    わかりました。でもやるだけやってみます。

新堀は自分が運ぶぶつのカートを持つ。愛理さんもそうする。

新堀氏:     じゃいこうか。

愛理さんと新堀は出ていく。前田だけが残っている


SCENE 12

日朝岩居高層アパートメントの前。愛理は車を前に止め、キーを抜き
車を降りて、ドアを開けていくつかの小包と郵便の束をとり入る。
テナントの郵便受けエリアに行く。愛理は一度それらの束を郵便受けの棚に
置く。そして郵便を順番に入れていく。
60代の女性アパートビル管理人、が愛理をみつけて、受付窓を開けて話す。
愛理は話しながら働く。

木村:      どうもお。

愛理さん:    おはようございます。

木村:      どうしたの?今日は遅いわね。

愛理さん:    んん、ちょっとね。雨が降っているし。

木村:      そうだわね。ひどいわね。でもあなたは雨にぬれることはないわね、
         車での配達だからね。

愛理さん:    そうですね。その点では。

木村;      私に郵便ない?

愛理さん:    あります。

愛理さんは彼女に近づき郵便物を渡す。

愛理さん:    これで全部です。

木村:      ありがとう。住居人のの小包ある?もうあたしお昼にでちゃうから。

愛理さん:    ・・ちょっとお待ちを。

愛理さんは小包を運ぶ。木村はそれを見る。

木村:      903号、夕立さん、701田中さん。今日はいないわ、仕事にいった。
         これは中は生もの?

愛理さん:    違います。

木村:      じゃ受けとっておくわ。

愛理さんは小包から配達証明書を取り出し、サインを書いてもらう。小包を渡す。

愛理さん:    ありがとうございます。

愛理さんはそれをポケットに入れ、郵便受けに戻り、配りはじめる。
木村は部屋を出て、カギをかけて、彼女に近づく。
再び話し出す。愛理さんは仕事しながらきく。

木村:      あなたが配るようになってから、ほんと助かってるのよ。
         誤配も少ないしね。

愛理さん:    ありがとうございます。2年ここで働いてますけど、ここ一帯の
         高層マンションは私がさばいてます。

木村:      いいわねえ。

愛理さん:    何か新しい情報はありますかz?

木村:      そういえば、根岸さんがクリスマス前にここへ戻ってくるわ。

愛理さん:    809号、根岸さん。わかりました。チェックしとくわ。

木村:      多分後で、郵便局に転居届を出すと思うわ。

愛理さん:    それは助かります。スタッフ全員認知できますからね。
         で、710号は?

木村:      710号?そんなとこ知らないわね。710号の小包は受けないからね。

愛理さん:    わかりました。

木村;      彼らはここにこない、挨拶もこない。誰がいるかわかったもんじゃない。
         たくさんの名前が710号にくる。住所があってたら郵便ほおりこんでおいて。
         彼らのじゃなかったら、郵便局に返すだろう。

愛理さん:    わかりました。

木村:      (笑顔)それだけ、あ、もう1つあったわ。私の誕生日、がはは。

愛理さん:    おめでとうございます。

木村:      ありがと。頑張ってね。

木村は出ていく。住居人と思われる女性が愛理に近づく。

藤森:      603号。藤森です。

愛理さん:    603号。わかりました。

愛理さんは別の束から603号宛ての郵便を取り出し彼女に渡す。

愛理さん:    こちらです。

藤森:      203号、藤森きよ。

愛理さん:    ありません。見つけたら603号に入れときます。

藤森:      ありがとう。

藤森はエレベータの方へいく。愛理は働く。

愛理さん;    いそがなきゃ。


SCENE 13

デスク。12:48 愛理はエリアに戻ってきて、カートを戻す。
そしてポケットから配達証明書を取り出し、デスクの上に置く。
愛理はデスクを見る。朝配達分の郵便の半分が机の棚においてあるのを見つける。

愛理さん;    ああ、やっぱり朝の分半分残して出ていったのね。
         一般人がこれ知ったら怒るだろうなあ。

愛理はエレベータの方へ行く。彼女は浩二が乾燥機の前で何かやっているのを見つける

愛理さん;    ねえ、何やってんの?

浩二:      ああ?見てよ。雨に濡れた。スタッフが他のズボンと靴下かしてくれた。
        これが乾くまでね。最悪だよ。いいな、お前は。
        配達に車使ってるんだからな。ずるいよ。

愛理さん:   はは。その点ではね。でもまだ別の問題もあるのよ。

浩二:     ああ?なんだい?

愛理さん;   今日、’ある人’と働かなければならなくて、仕事、遅いの。ほんと。
        わかるでしょ?

浩二:     ああ

愛理さん:   なんとか通配は配り終えたけど、小包は残しちゃったわ、
        もう12;50よ。

浩二:     それもやだな。

浩二は乾燥機を開けてズボンを取り出す。

浩二:     くそ、まだ湿ってやがる。

愛理さん:   お昼いきましょう。着替えるのはそのあとでもいいでしょ?

浩二:     ああ

彼らはエレベータに乗る。


SCENE 14

デスク13:47。愛理はデスクで仕事をしている。他のスタッフも働いている。
副班長、池内が愛理さんに近づいて話す。

池内氏:    すまないが、愛理さん。6Fにいってくれないか?年賀状室。
        浜野氏が今日休みなんだ、だから・・。

愛理さん:   わかりました。だけど・・・ここはどうしたら?

池内氏:    午後の通配は大した量じゃない。前田君、いいな?!

前田氏:    (小声)わかりました。

池内氏:    彼が全部配る。

愛理さん:   いくつか小包も残っているんですが。

池内氏:    それは私が配ろう。地下にぶつは置いてあるんだろう?

愛理さん:   はい。

愛理さんは郵便局車キーと何枚か配達証明書を彼に渡す。

池内氏:    ありがとう。

愛理さん:   もう6Fいっていいんですか?

池内氏:    そうしてください。

愛理さん:   (前田氏に)じゃいきますね。

前田氏:    はい。

愛理は部屋を出る。

SCENE 15

6F、段ボールで覆われた、仕切られた棚がある。スタッフはそこで働いている。
15:45アナウンスが鳴る。

アナウンス:  10分間休憩です。

何人かは体操を始める、他は働き続ける。愛理も続ける。

新堀氏:    10分間休憩。

全員休憩する。

時浦氏:    愛理?やすむか?

時浦はオレンジを愛理にほおる。彼女はなんとかキャッチする。

愛理さん:   わっ。はい。

愛理さんはイスに座り、それを食べ始める。時浦が話す。

時浦氏:    どうだ?

愛理さん:   まあまあですね。今、日朝岩居マンションをやってます。

時浦氏:    さっさとやったほうがいいぜ。正確にな!多分、1人でやるんだからよ。

愛理さん;   え?前田さんはこないんですか?

時浦氏:    ああ?!あんなくそは知らん。ここに来れると思ってんのか?

新堀氏:    (大声)はははははは

愛理さん:    え?

時浦氏:     え?じゃなくて、わかってんだろ。朝の分、半分持っていってないの
         5時頃帰ってくるんじゃないか?知らねえな。そんなヤツは!

愛理さん:    ええ、私4;30に帰れないのですか?

時浦氏:     知らねえー

内田が現れる。

時浦氏:     へい!うっちーおせえ!なに遊んでんだよ?

内田氏:     今日は負けたな。

時浦氏:     どっかでさぼってたんだろ?

内田氏:     お前の勝ちだ。

新堀氏:     はははは。彼だって5分前に来たばかりだ。

内田氏:     はははは

時浦氏:     おい!安達どこかでみかけなかったか?

内田氏:     代区町の2番地でみかけた。4;40ゴロになるんじゃね?

時浦氏:     のろまめ。

愛理さん;    (小声)前田さんは大丈夫かな?


SCENE 16

翌朝、職場8:36、沢丘が朝礼をはじめようとしている。

沢丘氏:     おはよう。12月20日、金曜日。朝礼はじめます

沢丘が茂浦を睨む。

沢丘氏;     茂浦君!煙草の灰を床に落とすな!今、吸うな!

茂浦氏:     は!

茂浦は煙草を床に捨てる。

沢丘氏:     ・・・どんどん忙しくなってくる。年賀状があるからな。
         約425000、今朝入ってきた。体調気をつけるように。
         今週は土曜と日曜は出勤だ。風邪ひくな。

時浦氏:     昨日だけきてまた休んでるヤツのことか?

スタッフは笑う。

沢丘氏:     ・・・気をつけるように。

愛理は浜野につぶやく。

愛理さん:    前田さんは病気もちなんでしょ?

浜野氏:     そうだな。でも金はもらえる。この状況に甘えているのさ。

沢丘氏:     愛理さん。私の話をきくように。

愛理さん:    わかりました。

沢丘氏;     では、今日も残業で・・・

突然、男が部屋に入りこんできて叫ぶ。

藤森:      誰が私のとこ配った?!誰だ!

田崎課長が驚く。

田崎氏:     なんだ?何が起こっている?

藤森は田崎に近づく。

藤森氏:     おい!お前、以前、もう誤配しないといってたじゃないか!

田崎氏;     その通りです。その通りです。

藤森氏:     だけどまたやった。何度やりゃ、気が済むんだ?4回だぞ!
         4回!

沢丘氏:     しかし、藤森さんのことはみんなわかっているはずだが。

沢丘はスタッフを見る。スタッフは黙ってきいている。

藤森氏:     見ろ!この郵便物、誤配によってちぎられた。ちゃんとした
         郵便箱にちゃんといれればこんなこと起きない。

浜野が愛理さんにつぶやく。

浜野氏:     君がやったの?

愛理さん:    いいえ。藤森さんの問題の件は知っていますので、気をつけてます。

浜野氏:     じゃ誰だ?

愛理さん:    ・・・・・

沢丘氏;     愛理さん、君がやったのか?

愛理さん:    いいえ

時浦氏:     多分、前田さんじゃねええーの?!

沢丘氏:     くそ。藤森さん、申し訳ございません。昨日配ったものが今日、休みでして

田崎氏:     彼か!申し訳ございません。

藤森氏:     誰が誤配したかは問題じゃない。誤配自体やるな。なぜ徹底させんのだ?

田崎氏:     おっしゃる通りです。

藤森氏:     私が何かを受け取りたかったら、いつも送る人は小包でなければならんのか?
         普通便はなんの為にある?

田崎氏:     藤森様。別のお部屋でお話しましょう。謝罪いたします。

藤森氏:     ききたくない。誤配するなといってる。

田崎氏:     おっしゃる通りです。しかしどうか・・・

藤森氏、田崎、沢丘は部屋を出る。

時浦氏:     なにか起こるな、最近!

内田氏:     なんかが狂ってるな。

愛理さん;    ・・・

浜野氏:     気にすんな。君がやったんじゃないんだから。

アナウンスがある

アナウンス:   集配課にお知らせです。郵便課です。朝の郵便おわりました。
         郵便物とりだしてください。

時浦氏:     安達!俺のところもってこい!

内田氏:     俺のも

安達氏:     ・・・はい

安達はカートを運んで部屋を移動する。



SCENE 17

ドトールコーヒーショップ17:55
愛理はコーヒーのんでため息をつく。

敦:       今日はなんにもいわないんだね。

愛理さん;    ああ何?

敦;       毎日、毎日、コーヒーショップでデート
         たまにはディズニーランドとか、他のところとか

愛理さん:    (彼を睨む)私だってそうしたいわよ。だから正社員になってよ
          そしたらいけるわ

敦:        君も、郵便職員試験考え直したほうがいいと思うんだけど
          入るの難しいからね。

愛理さん:     お互いにがんばらなきゃね。

敦:        どうした?元気ないね。

愛理さん:     また職場でトラブルがあったの。誤配があったの。
          あんたのとこ誤配ある?

敦:        誤配?しょっちゅうだよ。僕の実家も高層マンションに住んでいるけど
          違う人の入っているのあるよ。隣のとことか。まあ入れてあげるけどね。

愛理さん;     私のせいじゃないんだけど、昨日、誤配があった。
          誤配ってしょっちゅうあるんだけど、今回は問題になったわ。
          その誤配したところに住んでる住人が、受け取り側の人と
          仲がわるいの。誤配したからその住人がやぶってしまった。
          親戚みたいだけど、仲悪いから気をつけているんだけど。
          そしたら、今日、やぶられた人が局に直接クレームをだしてきたわ。

敦:        誤配された郵便物やぶる。・・気持ちはわからんでないな。
          なぜ誤配多いの?

愛理さん:     いろんな理由でね。


SCENE 18

デスク8:36沢丘は朝礼をはじめる

沢丘氏:    おはよう。皆さん。12月24日、月曜イブ。
        こんな理由で早く帰ったりするなよ。忙しいんだ。

スタッフは苦笑いする

沢丘氏:    知ってのとおり、昨日、重大な誤配があった。
        気のゆるみが事故を引き起こす。皆、気をつけるように。
        指サックをつけて・・

沢丘は茂浦をみる。

沢丘氏:    ちゃんと聞け!ああ!?茂浦君!

茂浦氏;    は、

沢丘氏;    昨日のようなことはするな。

時浦氏;    前田さんだけじゃないの?それ?

スタッフは苦笑いをする。

沢丘氏:    気をつけろ。そして今日、浜野君に6Fいってもらい年賀状の処理
        を朝からやってもらう。彼がすべてのエリアをやる。
        だが、自分の仕事が終わったら6Fにいってくれ。
        39区通配分は2,3日私がやる。配達は高見君にお願いはするが。
        私は10時にゆうめいと会議に出席する。そのあとは頼む。

沢丘はメンバーに紙を渡す。

沢丘氏:    ほとんどの会社は年末会社閉める。だからいつ閉めるのか、開けるのか
        訊いてくれ。書いてわしに渡してくれ。
        今日は交通量が多い。今日のかけあいは・・
        前方確認よし。

スタッフ:   前方確認よし!前方確認よし!前方確認よし!

沢丘氏:    はじめてくれ。

9:55愛理さんは働いている。彼女の近くに座っている沢丘を見る

沢丘氏;    ふんふ〜

沢丘は機械で郵便物を縛る。そしてファイバーへとほおりこむ。

沢丘氏:    よっこらしょ。

愛理さんはしばらく沢丘を見る。

沢丘氏:    なんだ、平松さん。

愛理さん:   いいえ。

10時出社の高見が現れる。

沢丘氏:    おお、待ってたぞ。高見君。

高見氏:    おはようございます。

沢丘氏:    ほとんど小区分は終わった。あとをやってくれ。
        他の分はこのファイバーの中にいれてある。

高見氏;    わかりました。

沢丘は腕時計を見る。

沢丘氏;    わしは今から会議にでなきゃならん。あとをよろしく。

高見氏;    わかりました。

沢丘は自分のデスクにいき、紙を何枚か持ってその場を去る。
高見はファイバーを覗き込む、そして次々それを机に置く

高見氏:    くそ、順番ぐちゃぐちゃだ、関係ないのか。彼は配達しないから。

時浦氏:    は!

内田氏;    彼はそんなヤツさ!彼のように働くなよ、愛理さん。

愛理さん:   まじめに働いているようには見えないわ。

新堀氏:    (大声)ははははっは。そんなこといっちゃいかんよ。ははは

愛理さん;   すみません。

時浦氏:    俺は愛理の発言支持するぜ。ヤツは自分のことしか考えちゃいねえ。

高見はそれらを順番どおりにならべ残りの仕事をはじめる、

内田氏:    (時浦氏へ)だいたいよ、ミーティングなんて出る必要あんのか?
         となりの課長働いてるぜ?

時浦氏:     知らねえなあ!

池内氏:     ・・・・・・・・・

愛理は内田に近づき内田を手伝う。

愛理さん:    エリア50から60やります。

内田氏:     おお!いいね。じゃ53−2やってくれ。

内田はそのエリアの郵便物を愛理に渡す。

内田氏:     大倉にいったときに会社の年末年始の営業のこと訊いてくれ。

愛理さん:    わかりました。

愛理は再び働きはじめる。

SCENE 19

大倉株式会社の入り口、愛理さんは郵便物と小包を持って入る。

愛理さん;    おはようございます。郵便局です。郵便物と小包・・

スタッフ:    (少し躊躇して)郵便局員。

愛理さん;    郵便と小包です、この小包にサインいただけますか?

スタッフ:    わかりました。

愛理は小包から配達証明書を取り出し渡す。スタッフは会社印と名前を書く。

スタッフ:    最近、あの男はいないわね。デート誘ったりする・・

愛理さん:    その件につきまして、謝罪をしなければなりません。すみませんでした。

スタッフ:    あなた常勤?

愛理さん:    いえ、バイトです。

スタッフ:    じゃ、関係ないじゃない。どうぞ。

愛理さん:    ありがとうございます。でも責任を感じていまして

スタッフ;    ふふ。

愛理さん;    年末年始営業日を教えていただきたいのでしが。

スタッフ:    12月30日から新年5日まで休みです。ですのでその間
         の郵便物は6日にください。

愛理さん:    わかりました。ありがとうございます。

愛理は出る。彼女は車が置いてあるところにいき、いくつかの郵便物と小包を
持って、高層マンションへと入る。管理人、野口が彼女に近づく。

野口:      おはよう

愛理さん:    おはようございます。

野口;      なんか質問ある?

愛理さん:    えっと、この郵便なんですが・・。

愛理さんはその郵便を野口に見せる。

愛理さん:    これどこに投函したらいいかわからなくて、

野口:      菅さん?部屋番号が書いていない。このマンションで
         管さんは知らないわね。でも住所57−1ここだね。
         ちょっと待っててね。

野口はマンションでる。57−3のマンションへいく。

愛理さん:    ここじゃないのかな?

愛理さんは野口についていく、57−3へ。野口は57−3マンションの管理人、
高橋を呼ぶ。

野口:      高橋さん。

高橋;      どうしました?野口さん。

野口は彼に郵便を見せる。

野口:      あなたのマンションでこの名前知ってる?

高橋:      管あけみ。・・ああ、知ってるよ。管しぐれの娘だ、
         903号。彼女は2週間前、戻ってきて住むようになったんだ。

愛理さん:    ありがとうございます。

野口:      (高橋へ)じゃあ、昼にね。

高橋;      じゃあね。

愛理さんと野口は出て、57−1マンションへと戻る。

野口:      面白いわねえ。部屋番号も書いてなくて、住所も間違ってて
         それでも届くんだから。

愛理さん:    そうですね。

野口:      また訊いてね。

愛理さん:    ありがとうございます。

野口は管理人室へと戻る。愛理は郵便受けエリアのところへ行き配りはじめる。
女性が近づく。

愛理さん:    おはようございます。401号ですね、ちょっとお待ちください。

愛理さんは女性に郵便を渡す。

丸井;      ありがとう。

彼女はまだいる。

愛理さん:    はい?

丸井;      ちょっと訊いてもいいかしら?

愛理さん:    はい。

丸井;      10日前友達に小包を送ったんだけど、通常、
         2,3日で着くでしょう?

愛理さん:    近いところですか?

丸井;      そうよ。彼女の連絡がないから、私電話したのよ。
         そしたらまだ受け取ってないって。

愛理さん:    どこの郵便局に持っていきましたか?

丸井;      あなたのところよ。

愛理さん:    わかりました。管理者に伝えておきます。

丸井;      お願いします。

丸井はエレベータに乗る。愛理さんは残りの郵便を投函する、


SCENE 20

デスク13:44 沢丘は午後のミーティングをはじめる。

沢丘氏:     できるだけ早く自分のとこ終わらせて6Fにいってくれ。
         私はこれから午後のユーメイト会議に出席しなくてはならない。
         早くやるように。以上

沢丘はいこうとする

愛理さん:    あ、沢丘班長。

沢丘氏:     なんだ?

愛理さん:    Kタウン57−1、38区に住んでる丸井さんから質問がありました、

沢丘氏;     で?

愛理さん:    彼女は小包を友達に送ったんだけど、まだついていないって。
         だから調べてほしいって。

沢丘氏:     あ?うちには関係ないな、ここは集配課だ、彼女に
         ’小包を出した郵便局に電話してください’って伝えて。

愛理さん;    あ、でもこの郵便局で小包だしたそうです。

沢丘氏:     だから、’小包担当のカスタマーセンターに電話してくれ’って
         伝えて。丁重にな。

沢丘はいってしまう。

愛理さん;    ええ〜。そんなこと彼女にいわなきゃならないの?  
         あなたにいった意味ないじゃないっていわれそう。

池内氏:     じゃあ、丸井さんにこう伝えればいい。
         ’配達証明書の控え’を見せていただけますか?
         なぜならユーザの小包ナンバーを我々はしらなくてはならない。
         チェックできないからな。訊いてそれを書いて、私にみせなさい。
         私がカスタマーセンターに報告する。

愛理さん:    ありがとうございます。助かります。
         丸井さんはほとんど毎日会っていて、班長の言葉伝えると
         やりにくくて。

池内氏:     私の言ったことは別に時間のかかることじゃない。3分で済む。

愛理さん:    ありがとうございます。

時浦氏:     は!愛理よ!班長が自分のことしか考えてないことこれでわかったろ!
         次回からおんなじようなことあったら池内パパに指示を仰ぎな。
         というよりか、お客さんに直接、カスタマーセンターに連絡してっていうんだな
         こちらがうけると時間かかるからよ。

愛理さん:    わかりました。

高見が午後の分の郵便物持って戻ってくる。

高見氏:     じゃあ、はじめるか、愛理さん。

愛理さん;    はい。

彼らは仕事を始める。愛理さんは何かに気づき、高見にいう。

愛理さん;    高見さん、これは小包じゃないんですか?

愛理さんはいくつかの小包を見せる

高見氏:     そうだろうな、いいんじゃない?彼がやったんだから。
         班長の彼がやった。俺配達。俺の責任じゃない。

愛理さん;    ・・・・・・・・

高見氏;     多分、時間なかったから、通便として扱うんじゃないか?

愛理さん:    でも小包として扱わなければいけないんですよね?

高見氏;     知らない。

愛理さん:    どうすればいいかなあ。ふつうのがさものとして扱うのかしら。

高見氏:     んんんー

池内が愛理さんが何か言っているのに気付く。

池内氏;     どうした?愛理さん、

愛理さん:    え〜と、これは小包ですよね?

愛理は池内に見せる。

愛理さん:    配達証明書がはがされている。だけど小包だと思います。

池内氏:     ・・小包として扱ってくれ。サインとかスタンプはいらない。
         だけど直接届けてくれ、いなかったら通常ポストにいれといて。

愛理さん;    わかりました。やってみます。

池内氏:     (怒り顔)

愛理さん;    怒ってますか?

池内氏;     いいや、君は優秀だ。君には関係ない。

彼らは働き始める。

SCENE 21

日朝岩居マンション、11F。愛理はエレベータを降りて
1101号室へと向かう。確かに愛理は小包を持っている。
ドアの前に行き、チャイムを鳴らす。

声:       はい。

愛理さん:    郵便小包です。

ドアは開き、向井さんが現れる。

向井;      ありがとう、ハンコね、ちょっと待っててね。

愛理さん:    今回はハンコいらないです。

向井;      え、いらない?ハンコ?小包なのに?

愛理さん;    そうです。

向井:      面白いわね。

愛理さん:    郵便ポストに入らない郵便物は直接お届けにあがります。

向井;      そうなんだ。御苦労さま。・・どこからだろう?

愛理は小包を向井に渡す。

向井:      ありがとう。

向井はドアを閉める。愛理さんはエレベータの方へ向かう。

愛理さん:    あの方がおかしく思うのわかるわ、私だってそうだもの。
         309号と404号はいないから、管理人に持ってくか。

愛理はロビーにいく。

木村:      こんにちわ。何かある?

愛理さん:    309号、菊池さん、404号、高村さん・・

木村:      今、いない。小包?あたしが受けるわ。

愛理さん:    ありがとうございます。

愛理さんは木村に小包を渡す。

木村:      サインは?

愛理さん:    今回に限りいらないです。

木村;      あ?

愛理さん:    サイン不要です。

木村;      そしたら郵便受けにいれといて。

愛理さん:    でもこれは小包でして

木村;      わかったわ、この札、郵便受けに入れてちょうだい。

愛理さん:    わかりました。

木村はビニール製の札を愛理に渡す。そこには’小包あずかってます’
管理人のところでもらっていってください’と書いてある。

木村:      (遠くから)さみぃねえ。こんな日はさっさと帰りたいね。
          クリスマスだしね。

愛理さん:    そうですね。

愛理さんは再び木村管理人に近づく。

木村;      今日の仕事はもう終わり?

愛理さん:    まだです。確かに、このマンションの郵便物は配り
         終わったけど、まだ他のマンションが残っています。
         で、局に帰っても仕事あるんです。年賀状の仕分け。

木村;      年賀状!今日は12月24日ね、明日までに年賀状ださないと
         元旦にはつかないんでしょ?

愛理さん:    そうですね。でも本当のこというと届きます。
         私たちはこの時期とても忙しいです。だから一気に
         年賀状がこないように25日までにお願いしている次第です。
         29日にだしても、元旦に届く可能性あります。
         100%じゃないけど。

木村:      わかったわ。明日、投函するわ。

愛理さん:    ありがとうございます。失礼します。

木村:      いいクリスマスを。

愛理さんはマンションを出て、車のところに行き、乗り、運転しはじめる。
愛理さんは車をとめて、57−1のマンションへと行く。
愛理さんが入り管理人に近づく。

愛理さん:    丸井さんは御在宅ですか?

野口:      お?どうしたんだい?

愛理さん:    丸井様から質問がございまして、それにお答えしたいんです。

野口:      何かあなたに訊いたの?丸井さんが?わかった。電話かけてみる。

野口は管理人室にある電話をとり話はじめる。

野口:      こんにちは、管理人、野口です。郵便局の方が私のところに来てね
         ・・なんか彼女になにか質問したんかい?
         ちょっと待ってね。彼女と電話変わるから。
         (愛理さんに)電話に出て。

野口は受付の窓を全開にして、受話器を愛理に差し出す。

愛理さん:    郵便局です。

丸井;      なんていってた?

愛理さん;    それがですね、小包をこちらから渡した時に配達証明書を
         受け取ってるはずなんですけど

丸井;      はい。

愛理さん:    小包ナンバーがそこに書かれています。お客様番号を
         こちらにいってくだされば対応いたします。

丸井;      配達証明書?ちょっと待ってね、・・小包ナンバー

愛理さん:    その番号を教えていただけませんか?

丸井;      ・・・

愛理さん;    ありますか?

丸井;      ここにカスタマーサービスの連絡先も書いてあるわ。

愛理さん:    ・・・はい。

丸井;      あなたと話しているよりここに電話した方が早いわね。

愛理さん:    。。はい、おっしゃる通りです。

丸井;      じゃあそうするわ。

愛理さん:    申し訳ございません。

丸井;      いいのよ。ありがとう。

愛理さんは野口に受話器を返す。

野口:      解決した?

愛理さん:    解決しました、ありがとうございます。

野口;      じゃあ

愛理さん:    ありがとうございます(ため息)

愛理はマンションを出る。



SCENE 22

デスク。愛理は車のキーを持って入室する。愛理は池内と班長、沢丘が
口論しているのを見つける。近くには2人と愛理しかいない。

池内氏;      いったいぜんたいどうするつもりなんだ?
         浜野君は終日6Fにいっている状況だ。ここは忙しい!
         知っているだろ?だけどあんたは、ユーメイト会議にあえて
         でやがって。

沢丘氏;     どういう意味だ?わしは忙しいんだ。何をいってる?

池内氏:     班長がそんなミーティングに出席してんのはあんただけだよ!
         それは課長の仕事だろうが!あんたじゃなくて。

沢丘氏:     田崎課長がミーティングでるように言われたんだ。

池内氏:     何のために?

沢丘氏:     全郵政マネージャとしてだ。

池内氏:     (嘲け笑う)全郵政として年末ゆうめいとの会議に出る?

沢丘氏:     黙れ!いうなら田崎課長にいってくれ。

池内氏:     (ばかにして)小包。なんだあれは?小包を、普通のがさものとして
         配達させた?あんたが楽したいから?
         愛理さんも悩んでたぞ。それも課長の命令だというのか?

愛理は静かに彼らの話を聞く。

沢丘氏;     わしに逆らうとでもいうのか?

池内氏:     私は不思議に思ったことを訊いてるだけだ。なぜ、外に出て配達しない?
         となりの相沢班長は、外いって配ってるぞ。

沢丘氏:     相沢は相沢の考え方がある。わしはわしのやり方がある。
         わしの言ったとおりに動いて反抗するな!

池内氏;     しますよ。シフト表だってそうだ。来月、一週間も休暇とるみたいだな。
         他のメンバーは休みがないのに?

沢丘氏:     どういう意味だ?逆らうな。逆らいたかったら、班長になるんだな!

沢丘は愛理に近づき言う

沢丘氏:     愛理さん、仕事終わったんなら6Fいってくれ。年賀状な。

愛理さん:    わかりました、

沢丘氏;     (大声)じゃあ、いきますか。

沢丘は池内を睨み出る。

愛理さん:    池内副班長。車のカギは・・

池内氏:     ああ、もらうよ、

愛理さんはカギを渡す。

愛理さん;    (池内をみる)・・・・・・

池内氏:     (怒ってないふりをして)いきましょう。

彼らは出る。   

SCENE 23

6F年賀状室。愛理は彼らが働いている場所へといく。
何人かの人が働いている15:50

時浦氏:     へい!

内田氏:     おお!

時浦氏:     やっときやがったな。何してたんだ?
         面白い話でも聞いていたんか?

愛理さん:    ・・面白い?・・ははは

浜野氏:     愛理さんよ。待ってたよ。ここにきて座って。

愛理さん:    わかりました。

愛理は浜野ところに行き座る。

浜野氏:     あ〜首いてえ。1日中こんなとこにいるもんじゃないな。
         のどいてえし。見てくれよ。煙草のけむり、けむり。

愛理さんは周りを見渡す。

浜野氏:     休憩しよう。愛理さん、オレンジ食べる?

浜野はテーブルから1つオレンジをとって愛理さんに渡す。

浜野氏:     どうした。調子わるいんか?すぐれないぞ。

愛理さん:    ええ・・。

愛理さんはちょっと遠くにいる池内氏を見る。

浜野氏:     どうした?

愛理さん:    沢丘班長と池内副班長が口論しているのを見てしまったの。

浜野氏:     ああ、そうするだろうな。班長は自分のことしか考えてないからな。

愛理さん:    池内さんいつも冷静な方だったので驚きました。

浜野氏:     池内さんはいいたいこというべき事はいう人だ。
         池内さんみたいな人がいてうちらはラッキーだよ。いい副班長だ。
         班長と課長は価値のないヤツらだよ。おっと失言かな。

愛理さん:    誰にもいいません。

浜野氏:     は、大丈夫だよ。たいしたことじゃない。ところで、これね。

浜野はたくさんの年賀状を愛理に渡す。

愛理さん:    えええ

浜野氏;     へい!先生お願いしますよ。全部たいらげてください。

愛理さん:    たいへん

40分が経つ。班長がスタッフを集めてミーティングをする。

沢丘氏:     みんな、4:35分だ。ここの付近に座って、終了ミーティングはじめます。

スタッフは集まる

沢丘氏;     お疲れさん。年賀状到達が日に日に増えています。体には気をつけて
         真剣に仕事してください。明日、前田が仕事にくる。

沢丘は池内をしばらく見つめる

沢丘氏:     そしてチェックして。年末年始会社はいつ終わり、始めるのか。
         以上。・・・安達はどこにいる?

時浦氏:     ヤツならみんなの飲み物買いに7Fにいってるが、寝てんのか?
         帰ってこねえな。

沢丘氏;     ・・・以上。

沢丘はスーツを着る。

沢丘氏:     ・・じゃ、池内殿、あとよろしく。

池内氏:     ・・・・

沢丘は出る。

内田氏;     は!もう帰りやがった。班長なのにな!

時浦氏:     (ばかにして)他の奴らは残業なのによ!

池内氏:     ・・・とにかく5;30まで頑張ろう。

安達はカゴにいくつかの飲み物を入れて戻ってくる。

時浦氏;     おい!遅すぎだぜ!なにをやってんだ?ミーティングは終わったぞ

安達氏:     ああ・・・

時浦氏:     コーヒー!

安達氏;     はい。

安達は1人1人に飲み物を渡す。

時浦氏:     池内先生、ごっちです。

内田氏:     ごっち。

浜野氏:     気遣いありがとうございます。

時浦氏;     おい!安達!池内先生になんか言え!先生のおごりなんだからよ!

安達氏:     ありがとうございます。

池内氏:     まあ座って一休みしよう。な。安達君。

安達氏:     はい。

内田氏:     なんだと?休憩だと?

安達氏:     あの、班長と平松さんはどこですか?コーヒー・・・」

内田氏:     愛理は4;30で帰ったぞ。非常勤なんだからよ。頭少しは使えよ。

時浦氏;     班長はどこにいるかしらねえな。

池内氏;     まあまあ。



SCENE 24

デスクの前7;49。各々のスタッフは自分の机の前で仕事しようとしている。
池内副班長は入り口をしきりに気にしている。
田崎課長は時計を見てうろうろしている。

田崎氏;      こんな、こんな。

池内氏:      ええ。

内田氏:      彼らはほんとにくるのか?

池内氏:      今日のスケジュールシフトをみてくささい。36区と37区!

内田氏:      知らねえよ。俺がいいたいのはそんなことじゃない。

田崎氏:      ・・こんな、こんな。彼らは遅刻するぞ。

時浦氏:      今日のスケジュールは誰がたてたんだ?

新堀氏:      (大声)今日は忙しくなりそうじゃな。

内田氏:       おい、じいさん。なまけている時間今日ないぜ。

田崎氏:       うるさい。うるさくしたって状況はかわらん。

徳永は何かを持って部屋をでようとしている。

徳永氏:       では配りにいく時間なので。

徳永は出ていく。

内田氏:       彼はこの状況はどうでもいいみたいだな!

田崎氏:       しかし速達はもうでる時間だ、

内田氏:       それはわかってるよ。

時浦氏:       だいたいからしてよ、彼らに36区、37区をやらす
           こと自体いかしいぜ。エイドAとかBじゃねえのか?
           だいたい誰がスケジュールをたてたんだ?

池内氏:       ・・・・・・

エイドA,Bというのは、大量にある会社の種分けをして、別のところを配ることをいう。
ビルや、高層マンションとか。

田崎氏:       前田と茂浦は遅刻!彼らはまたやりやがった!

時浦氏:       で、どうすりゃいいんだ?36区、37区どうすんだよ。おい。

池内氏:       仕方ない、浜野氏にここに降りてきてもらうか。

田崎氏:       仕方ないな。浜野か。そうしよう。
           (皆へ)遅刻はするな。みんな迷惑する。今日は6Fの年賀状
           さらに残業が増える。

田崎氏は出ていき6Fのほうへいく。

内田氏:       遅刻するなだと?まじめに来てるヤツになぜそれを言う?

池内氏:       時浦君、内田君、君2人は普通い働いてくれ。終わったら
           手伝ってくれ。36区を浜野君にやってもらう。
           私はここで37区をやって、39区を配る。
           新堀さん、もし茂浦君が今日これないようだったら、
           37区の配達をお願いできますか。時浦君、37区のエイドC
           を配るの手伝ってくれ。高見君も助けてくれ。

高見氏:       わかった、わかった。

時浦氏:       あ?39区は誰がやんの?愛理か?彼女はあaだぞ。
           1時間彼女だけでそこやらせんのか?

池内氏:       ・・仕方ない。37区が終わったら39区やるよ。

高見氏:       大変だ。もし、平松さん来なかったら、今日こなけりゃよかった。 
           おっと失言失礼。

内田氏:       愛理ならちゃんと早く出勤してくれるさ。

時浦氏:       愛理はとってもまじめなヤツだからな。もし、すぐこなかったら
           彼女おいてくぜ。暇ねえんんだからよ。。他で働きな。

池内氏:       ははは、それはいいとして、今日は忙しくなりそうだ。はじめよう。

スタッフは郵便課にいって郵便物をとりにいく。内田と時浦はそこえ小声で話す。

時浦氏:       沢丘のくそめ。スケジュールくんだときに、こなることぐらい
           わかっていたはずだ。

内田氏:       彼はいけじいが嫌いだからな。

時浦氏:       安達め!仕事にこい。あいつに休日は1年早い!25日に休みとりやがって!

内田氏:       そうだな。「ははは。

愛理が現れる。彼らはそれが見える。

時浦氏:       (笑)おい!仕事を続けてもいいぜ。

愛理さん:       はい?

内田氏;        ははははは。

彼らは去る

愛理さん:       ?

池内さん:       君は来てくれた。ほんとありがたい。

愛理さん:       なんですか?

池内氏:        今日は忙しいんだ。ちょっとの間39区一人でやってくれないか。

愛理さん:       え?何かあったんですか?

池内氏:        欠勤者が出た。39区の郵便をもってきてくれないか。

愛理さん:       わかりました。

愛理さんはカートをとり郵便課にいく。池内はため息をつく。

池内氏:        さて、37区でももってくるか。

池内はカートもってでようとする。田崎と浜野が現れる。

浜野氏:        おいおい!なんだこりゃ。

池内氏:        ため息

浜野氏:        わかった。わかった。俺、全部区分くるよ。
            で36区もっていく。

池内氏:        ありがとう。

田崎氏:        今日は俺も区分手伝う。

池内氏:        ・・・すみません。


8:45池内は田崎を見る。田崎の机にいて電話をしている。

田崎氏:        ああ!聞こえんぞ!大きな声でいってくれ。

前田氏:        いこうと思ったんですが、頭がいたくて・・。

田崎氏:        何時だと思ってるんだ!8;45だぞ!
            7;45までに電話しろ!皆、迷惑すRんだ!

田崎は感情的に電話を切る

田崎氏;        くそ!

田崎は職場に移動し言う。

田崎氏:        前田は休み!

時浦氏:        最初っから、期待してねえよ、ヤツのことなんたあ

浜野氏:        ははは

時浦氏:        もう一人の馬鹿はどうした?

田崎氏:        出勤途中でトラブルがあった。

内田氏:        おい!ヤツをどこかとばしてくれよ。迷惑だよ。

田崎氏:        考えなければいけんな。

田崎があいてるデスクで種分けの手伝いをしている。
池内は37区の大区分が終わる、新堀がいう。

池内氏:        ああ、終わったよ。

新堀氏:        ほいほいほい。

池内氏:        これから39区いって愛理さん手伝う。
            だから、37区の小区分とcの手伝いしてくれないか。

新堀氏;        ほいほい。

池内は39区へいく。

池内氏;        進み具合はどうですか?

愛理さん:       がさものの大区分は終わりました。今、通常便の大区分してます。

池内氏:        いいね。頑張ってください。私もこれからやる。

池内は39区の眼郵便物の大区分をし始める。
9:10彼らは39区の大区分が終わり、メールをあわせる。

池内氏:       よし終わった。これから37区に戻るので、いつもの通り
           やってください。でもできれば早くね。

愛理さん;      わかりました。

池内は37区へ移動する。

愛理さん:      (池内さん、本当忙しそう。)

10:30茂浦が現れる。彼の配る分は出来上がっている。
池内は茂浦に近づいていう。

池内氏:       ・・・君の配る分はもう出来上がっている。これだ

茂浦氏:       わかったよ

田崎氏:       あとで話しがあるからな!

茂浦氏:       わかったよ!

茂浦はカートを持って出る。他のスタッフはそれをちら見する。

田崎氏:       (ため息)

池内氏:       (ため息)「

新堀氏:       さて、とうとう彼は来た。じゃあ、Cを配るとするか。

池内氏:       おお、そうしてください。

池内氏は39区にいく。時浦、内田、浜野は39区の手伝いをしている

時浦氏:       いけじい!いそいでくれや。3人が手伝ってるんだからよ、

池内氏:       わかりました。

内田氏:       39区に4人、すぐに終わる。

時浦氏:       おい!愛理!

愛理さん:      は・・はい。

時浦氏:       このエリアの郵便物は今日多い。だから種分けして
           これもお前の分としてやってくれ。

愛理さん:      わかりました。

時浦は愛理さんに郵便を渡す。3人が39区のエリアの郵便物を自分のデスクで
処理する、そして処理済むと39区に戻す。
10:50

池内氏:       ああ、もう10:50分だ。

池内はたくさんのカードが入っているファイバーボックスを見る。

池内さん:      今日はこれ愛理さんにいってもらおうY。
           愛理さん!

愛理さん:      はい。

愛理さんはいくつかの郵便物をファイバーに入れる。

池内氏:       大丈夫か。時間以内におわりそうか?

愛理さん;      多分大丈夫です。

池内氏:       今日はお願いばかりで申し訳ないが、今日もう1か所
           配達してほしいところがあるんだ。

愛理さん:      どこですか?

池内氏:       クレナ科学。どこにあるかわかる?

愛理さん;      知ってます。井上株式会社の向いのビルですよね。

池内氏:       そこに配りにいってくれないか?

愛理さん:      わかりました。

池内氏:       たくさんある。

池内氏はある場所を示す。

池内氏:      はがき3束、小包4つ、代引き2つ、通常郵便

愛理さん:     すごい量ですね。

池内氏:      そうだな。最初に行ってくれないか、ありがとう。

愛理さん;     わかりました。

池内氏:      郵便事務所知ってますか?

愛理さん:     わかりません。

池内氏:      地下に郵便事務所がある。いけばすぐわかる。

愛理さん:     わかりました。

池内氏;      私も配りにいかなきゃいけない。いこう。

愛理さんに大きなカートに郵便物にいれる、そしてでる。


SCENE 25

車の中、愛理は運転をしている。

愛理さん:     もう!今日の郵便多くて後ろがバックミラーから見えないわ。
          今日なにが起こったんだろう?本当に忙しそうだったし。
          そういえば、沢丘班長いなかったわ。休みかしら。
          いつも新聞読んでる田崎課長が手伝ってたし。あ、ここね。

愛理は車をとめて、ドアを開き、カートを取り出す。クレナの郵便物関係を取り出す。

愛理さん:     すごいカードの量。

愛理はカードを見つめる

愛理さん:     パズルをやって100万もらおう。すごい。だからこんなに多いのか

愛理さんはカートを運び、メールルームに入る。

吉岡;       おはよう。お、今日は女性なのね。

愛理さん:     ピンチヒッターです。」

吉岡:       そう。今日はどのくらいある?

愛理さん:     ええと。

吉岡:       代引きは?

愛理さん:     あ、代引き・・・

愛理さんは郵便物のなかから代引き小包を取り出す。

愛理さん:     1260円です。

吉岡氏:      1260円ね。わかった。

吉岡はメール料金発行機をいじり1260円スタンプを作る
そして愛理に渡す。

吉岡:       はい、どうぞ。

愛理さん:     と、4つの小包です。

愛理は小包から配達証明書抜き出し吉岡に渡す。吉岡はスタンプを押す。

愛理さん:     と、3束のカードと通常郵便です。

吉岡:       ありがとう。これ待って。
          あなたに渡すものがあるわ。これ誤配ね。

愛理さん:     ええ?

愛理さんは100枚ほどのカードを受け取る。

愛理さん:     すごい量。

吉岡:       ほとんど、他の会社のパズルゲームのカード。
          だけど普通の郵便もまじってたわ。

愛理さん:     よくないですね。ありがとう。

愛理さんは部屋を出る。そしてそれをみる。

愛理さん:     これ1カ月も前に投函されたものばかりだわ。ほんとに?
          この普通便はクリスマスイブのパーティの招待状。今日25日・・。



SCENE 26

郵便局の地下。愛理はカートを運んでエレベータに乗る。
1Fでドアが開き浜野が入ってくる。

浜野氏:      全部おわったかい?

愛理さん:     なんとか

浜野氏:      すごいね。やったね。

愛理さん:     だけど聞いてください。

浜野氏:      なんかあったのか?

愛理さん:     今日クレナにいったんだけど、従業員さんがこれ渡してきたの。

浜野氏:      クレナ?君配ったの?んー。君がやったのか。で、見せて、

愛理はそれを彼女に見せる。ドアは閉まり上へとあがる

愛理さん:     イベントカード。ほとんど投函されたの1カ月前。

浜野氏:      ひでえな。ひでえ。だけどこれは集配課の落ち度じゃない。
          郵便課のせいだ。彼らがやった。我々はチェックしなくて配達
          する規則になってる。

愛理さん:     さらに悪いのは」、普通の郵便カードもまじってました。

浜野氏:      最悪だな。

愛理さん:     イブの招待状ハガキとか。

浜野氏:      全部ちょうだい。課長に渡す。

ドアは開き彼らはでる。

SCENE 27

7回食堂。12:43 愛理はランチをテーブルに置いてすわる。浩二が近くにいる。

浩二:      久しぶりだな。今日はたくさんあるんだな。いいな。

愛理さん:    見たの?今日は気分で100円小鉢つけちゃった。

愛理は食べ始める。

愛理さん:    なんだかよくわからないけど、欠勤者が出たらしいの。ひどくて。
         かなり忙しかった。

浩二:      何?

愛理さん:    今日、出勤したら、副班長がそういって、大区分しばらくの間
         一人でやったの。

浩二:      そいつはひでえな。で、全部おわったのかい?

愛理さん:    なんとかね。

浩二;      よかったじゃねーか。朝便、終わらせたんだろ?

愛理さん:    ええ。でも忙しかった。またその理由でいつもはいったことない
         ところも配達したの。

浩二:      どこ?

愛理さん:    クレナ

浩二:      クレナ?大企業じゃんか。テレビのCMでよく見るよ。」

愛理さん:    そのとおりよ。クイズに答えて100万ゲットしよう。

浩二:      知ってる、知ってる。

愛理さん:    それがたくさんあって。

浩二;      気つけろよ。腰やられるぞ。

愛理さん:    ありがとう。え〜と、そこで誤配が大量にあったの。

浩二:      お前のミス?

愛理さん:    いいえ。従業員の方が私にくれたの。聞いてよ
         そこには100枚近くサガトリーのカードがあったわ。
         1カ月も前のやつ。」

浩二:      え?まじ?サガトリー?100枚?1カ月前の?

愛理さん:    そうよ。

浩二;      ショックだな。俺もサガトリーに投函した。
         聞いてくれよ。俺はサガトリーのボスジャンがほしいんだ。
         だからよく飲んでシール集めて投函したんだ。
         やっと30枚たまったからポストした。なんだそれは?
         何枚かはクレナにいっただと?

愛理さん:    落ち着いて。

浩二:      俺のカード混ざってなかった?

愛理さん:    知らないわよ。いつ投函したの?

浩二:      2週間前。

愛理さん:    じゃ大丈夫。私が渡されたのは1カ月も前のやつ。

浩二;      1か月?信じられん。俺のカードがどうこういうレベルじゃないな。

愛理さん:    クレナの人がチェックゆっくりなんじゃない?すごい数だから。

浩二:      この事実知ったら、皆怒るだろうな。

愛理Sん:    あんんたみたいにね。

浩二:      おい!俺の気持ちわからないだろ。

愛理さん;    ははは。もう1回集める」のね。

池内が近づく。愛理さんに話しだす。

池内氏:     悪いが、愛理さん、午後は6Fに行って、年賀状やってくれないか。

愛理さん:    は、はい。ですが、午後便は?事故メールもまだやってないし。

池内氏:     そこは気にしなくていい。13;45になったら6Fにいってくれ。。

愛理さん:    わかりました。

池内は去る

浩二;      ラッキーだな。午後は外にでなくていいなんてな。

愛理さん:    ラッキー?知らないわよ。欠勤者でてるんだから。
         多分、午後便は少ないから、明日に回すんじゃないの?

浩二;      仕方ないな。まあ関係ないんじゃん。非常勤なんだし、責任感じなくても。

愛理さん:    ・・・そうね。

愛理は食べる。


SCENE 28

15:03.6F愛理さんとスタッフは働いている。

愛理さん:    ああ、終わらない。こんなことするより、外出た方がよかったわ。

新堀氏:     ははは、愛理さん。あきたんなら、うちのエリアでもやるかい?

愛理さん:    私は39区しか知らないわ。

新堀氏:     ははははは

浜野氏:     じゃ、俺と変われ。

愛理さん:    え、何?

浜野氏:     このカードチェックして。クレナ会社だ。もしかしたらへんなの
         まじっているかもしれないぞ。

愛理さん:    ええええ

浜野氏:     午前中、100枚ぐらい見つけたんだろ?

愛理さん:    おんなじ会社のチェックするのお?それもいやな仕事ね。

浜野氏:     だから変わろうといってるんだよ

愛理さん;    はははは

愛理さんは立ち上がり不注意に棚を揺らす

愛理さん:    わ!

時浦氏:     おい!気つけろや。床に落ちたら」、またやりなおしだ。

愛理さん:    すみません。

時浦氏:     (笑)謝罪する必要ないぜ。お前が全部やればいいだけの話。

愛理さん:    ははははは

課長の声が聞こえる。田崎課長とスタッフがちょっと遠くで話している。

田崎氏:     冗談じゃないぞ!また謝罪せなけりゃいかんのか?

田森氏:     お気持ち察しますが、誤配されたところの両親が怒ってまして
         子供の夢を壊したといって。友達も失うかもしれないって。

田崎課長:    知るか!

愛理さんは棚ごしで話を聞いている

愛理さん:    なんだろう?

浜野氏:     あのことじゃないか?

田崎氏:     第一、今回は集配課のミスじゃない。郵便課のミスだろう!彼らにいえ!

田森氏:     彼は話を聞かないんです。

田崎課長:    一緒にこい。聞け!彼らは振り分けるだけ、配らない。だからこんなミスが
         起こる。これが最初じゃないだろう!いつも郵便課は違うところに郵便物いれて
         くそだ!彼にいったる。どこだ!

田崎と田森は部屋を出る

愛理さん:    ・・た、大変ですね。

内田氏:     彼はいつも謝罪ばかりしてるから、怒るってわけさ

時浦氏:     働け 働け 働け!おそいと彼らみたいに問題が出る。


SCENE 29

4F。デスクの前。17;35 池内は終了ミーティングをしている。

池内氏:     今日はなんとか仕事終わった。お疲れ様。ほんっとに忙しかった。
         風邪ひかないように頑張ってくれ。

時浦氏:     風邪ひきたくてもひけねい状況だからな。

池内氏:     ・・もうこれ以上’事故’はないことを祈りたい。

内田氏:     愛理はよくやってるよ。助かってる。だが非常勤だ、
         こんな状況じゃいつかやめるぞ。

池内氏:     ・・明日から、高校生ゆうめいとがここで働く。

高見氏;     2週間だけのか?高校生?戦力になんのか?

池内氏:     ・・ゆうめいとが質問してきたら答えてやってくれ。

浜野氏:     そいつはどこで働くんだ?

池内氏:     39区。愛理さんが小区分して、順番し並べる。
         で、高校生ゆうめいとが配る。
         愛理さんは4Fの仕事が終わり次第6Fにいってもらう。

時浦氏:     いいね!平松先生!俺は先生なんてやりたくねえからな。
         彼女が適任だな。

メンバーは笑う。電話が課長席でなる。田崎課長がとる

田崎氏:     集配課、田崎です。

声:       中州エリアの住人だが、聞きたいことがある。
         おととい、私の友達が小包を送った。だが自分は受け取ってない。
         事故が起こったんだと思った。だが郵便受けにいって何気に
         開けてみたら、驚いた。あるじゃないか。
         小包っていうのはポストマンが直接、部屋まで届けるんじゃないか?
         サインは必要じゃないのか?

田崎氏:     申し訳ありません。少々お待ちください。

田崎は保留にして、池内に話す。

田崎氏:     池内君、電話。

田崎は答える。

池内;      集配課の副班長、池内です。

声:       ああ、誰だ?まあいい、小包は直接家まで届けてほしい。確かに、
         郵便受けでうけとった。ここにある。それ以上は言わない。
         ラベルはだれかがはがしたのか?誰かまじめに仕事していないんじゃないか?

池内氏:     申し訳ございません。今後そんなことがないように徹底させます。
         正規の方法で行います。すみませんでした。

声:       頼むよ?!

池内氏;     すみませんでした。

池内は受話器を置く

池内氏:    田崎課長!

田崎氏:    わかった、わかった。沢丘に明日いっておく。

池内氏:    お願いしますよ。