TWILIGHT:

緩やかな坂道
暮れてゆく空 見ながら
二人並んであるいた

かじかんだ指先
もう少し 冷たい風
吹けば 近づけるのに

あなたに 手をつないでほしくて
手袋 わざと ポケットの中
しまったままなの

12月 黄昏は はかなく
あなたへと 心 傾いて

橋の上から見る
見慣れてる街も 今日は
違う気がするのは なぜ

灯り始めた窓
二人で 声を出して数えた
帰りたくない

バスの時間を 気にするあなたが
時計を見るたび 気づかないふり
悲しくなるから

12月 今日の景色 すべて
いつまでも 私 忘れない

もうすぐ 星の世界ね

ねえ こうしてまた きっと会えるよね
約束も 何もないけれど

手を伸ばせば つかめそうな オリオン
いつまでも 見守っていて