すずめとジェラシー:

窓に頬杖ついて
ぼんやりと青い空 眺めている

AH ぜんぜん罪のない 友達の笑い声に
八つ当たりしちゃった
かわいくないよね・・

電線で いちゃついてる
すずめのアベックに 石ころ投げたい

AH 女の子とただ お喋りしてるだけだから
大きくなってくジェラシー
押さえなくちゃ

明日 会っても 普段通り
笑うしかないじゃない
だって 好きなんだもん

お日様はご機嫌なのね
少しぐらい同情してくれたって
いいじゃない!

AH 機嫌 悪くなると無口にな る
このクセを どうにかしなきゃ
きっと 嫌われちゃうわ

明日 会っても 普段通り
笑うしかないじゃない
だって 好きなんだもん

こんなことで いじけてしまう
自分が情けない
AH 悔しい

”彼女”という指定席あっても
不安なのよ
ねえ 気づいてよ
ダーリン!