SECRET LOVE:

渋滞を抜けてゆく 午前0時
消えてゆく人影 SILENT NIGHT
一人ずつ降ろして 最後はいつも
あなたと二人きり だけどもう・・

平気な 顔して
「おやすみ」言えない

どうして キスしたの
あなたが わからないよ
どうして ねえ どうして
彼女がいるくせに ひきょうよ

名前 呼ばれるたび きゅんとなる胸
あなたにのまれてく SECRET LOVE
FMからLOVE SONG あなたに触れたい
何かを期待している 私がいる

本気じゃないのは
知ってる それでも私

あなたを恋しくて
欲張りになってゆく
もう少し ねえ いたいよ
まだ 私帰りたくないよ

”あなたを奪いたい”
本気で想う前に
私が 消えなくちゃ
わかってる・・・わかっているけど・・・

彼女が 待っている部屋へと
帰っていくのね
手を振る 私には
眠れない 夜だけが待ってる