星とワインとあなた:

ベランダの風が 雨あがりで気持ちいいから
テーブルと椅子 持ちこんで
今夜は星とワインとあなた
パジャマのまま 話そうよ

天文学者に なりそこねた少年の夢
聞かせてもっと 照れないで
難しくても わかったフリで
あなたの顔 見つめてたい

都会の隅から 二人で眺める
何億光年 光の未来

不思議ね ありふれた毎日の
ひとつひとつが嬉しい
願い事を胸で唱えた
変わらない愛と ぬくもりをいつまでも

はずんだ言葉が ふと途切れてあ なたを見れば
眠そうに目を こするのね
明朝はパンを おいしく焼くわ
楽しみを また見つけた

宇宙のパノラマ 目覚めてゆくまで
何億光年 旅をしよう

素敵ね 夜が朝になるたび 街は新しくなる
夢をみてね あなたはずっと
変わらない愛で ついてゆくどこまでも
願い事を胸で唱えた
変わらない愛と ぬくもりをいつまでも