幻:

急ぎがちに歩くのはなぜ
こんな穏やかな陽射し
子供達は 白いボール追って
芝生を駆ける
”さよなら”と横顔で
あなたまぶしそうに
心が崩れてゆくけれど
何も動けない

春が空しく 桜を散らすわ
たたずむ私に 何も残さずに
あふれそうなの 笑顔も涙も
あなたを失えば すべて幻ね

永遠の幸せを
いつも信じていたのね
子供達ははしゃぎ疲れ
ひざで寝息をたてる
なんとなく気付いていた別れの足音に
戯らに時は過ぎたのね 愛は戻らない

春が秘かに心染めるわ
見送るだけなら憎みたいのに
こわしたくない 笑顔も涙も
私を惑わせる 甘い幻ね
春が空しく 桜を散らすわ
私を惑わせる 甘い幻ね