ともだちだから:

小鳥が木影でふるえる 雨の日
あなたが訪ねてくるような気がしてた
悲しい事出会うたび ノッポのあなたは
ひざをかかえ まるで 弟になる

そばにいるよ ともだちだから
好きなだけソファに埋もれて
泣いてもいいよ
恋人にも 会えないくらい
情けない あなたの顔も声も
気にしないで 今夜は

聞こえる 時の子守歌 あなたは
ビデオみてる形のまま 眠ってる
春色のカーディガン 背中にかけて
朝はねえ きっと 笑顔をみせて

そばにきても ともだちだから
愛情の手前で ときどき戸惑うけれど
恋人にも 負けないくらい
あなたの幸せを いつもいつも
気にしてるよ、私は