夢の中で:

まぶしすぎるね 晴れた朝
走り出す時をふと止めて
ウインドウ越しに
映す制服も一度リボンを結んだ
いつものバスもいつものキミも
今日で最後になるね
そう 初めて会った時から
もう 別れは始まってた
と大人達は言うけど
それじゃ 悲しい
夢の中で 夢の中で会いたい
数えきれない 
思い出たちのひとつひとつが宝物
みんな違う 違う道を行くけど
キミのステキな微笑みはきっと忘れない

野球の応援みたいに 元気な声を 聞かせてね
笑顔のままで 手を振るつもり
明日へ踏み出すために
そう 地球儀回した時の
もう 止まらない好奇心を胸につかむ時まで
ちょっとサヨナラ
夢の中で 夢の中で会いたい
離れていても 
キミは世界でたった一人のキミだもの
みんなは違う 違う道を行くけど
進めなくなる そんな日はきっと話してね

夢の中で 夢の中で会いたい
数えきれない 思い出たちのひとつひとつが宝物
みんな違う 違う道を行くけど
キミのステキな微笑みをずっと信じてる