「・・・ありがとう・・・」:

この場所から歩きだす 通りはまばらな夕暮れ
誰もいない 立ち止まらない
そっとマイクをにぎったよ
やっぱりこの道 一人 歩くの少し不安だよ
電話して弱音はいて ちょっと泣きついたりして
だけどあなたはもういない
いつも笑顔で励まされてた
あの日着てた洋服だいて
懐かしい香りに涙

大空まで羽ばたきたい
あなたを乗せてこのまま翼を広げたい
後戻りはできないけど
それならいっそ私も消えてしまいたいよ
どうか私をおいていかないで
もう一度だけ戻ってきてよ 会いたい

人と 人がめぐり逢う事って奇跡なんだよね
だってこの長い道のり 自分だけじゃ歩けない
眠れないよ くるまった布団がとても冷たい
時々みる二人の写真
ずっと昔のことみたい 

本当は悔しいんだ
ほんの一言でいい言葉がほしい
夢の中でしか会えない
どんなに願っていても傍にはいないから
二人で約束した今日の日
今こそ願いは叶った ほら 歌うよ

これからもね ずっと ずっと
あなたはたった一人
私の中で忘れないよ 忘れないよ
溢れ出す思い出に涙とまらない
遠い空のもっと高い星になっていつも
見守っていて 精一杯生きてみせる
今以上に強くなる
きっとなってみせる 
最後に伝えたい言葉がある
云えずに今日まであるいてきた
「ありがとう」