きっと忘れない:

きっと忘れない 眩しいまなざしを
信じたい 信じてる
あなたが変わらぬように

everyday every night 泣いたりしたけど
誰にも話せなくて
不器用だけど せいいっぱいあなたを
愛した あの季節
暮れゆく都会(まち) あふれる人波
今にも笑顔であなたが現れそうで

きっと忘れない また冬が来ても
思い出 抱きしめていたいから
空の彼方へと 悲しみ吹き飛ばせ
信じたい 信じてる
あなたが変わらぬように

別 れは粉雪 淋しさが胸に
積もる「また会いたい」
どうして あの時 傷つけあったのだろう
強がるしかなくて
星くずの中 間に合うように
渋滞抜けて 送ってくれたね いつも

きっと忘れない 眩しいまなざしを
せつない約束が痛いけど
遠く離れても 心は止まらない
あきらめたい あきらめない
孤独がドアを叩く

きっと忘れない また冬が来ても
思い出 抱きしめていたいから
空の彼方へと 悲しみ吹き飛ばせ
信じたい 信じてる
あなたが変わらぬように