あなたを感じていたい:

ねえ そんなにしゃべらなくても
私笑っていられるから
もう逢えない気がして
誰もいない 駅のホーム
それぞれの冬選び 想い出に手を振った

あなたを感じていたい
たとえ遠く離れていても
ときめく心 止めないで
みんな見えない明日を探している
約束なんて何もないけど
変わらない二人でいようね

ふるえる唇 ふさいで
別れ際 言いかけた言葉に
もう逢えない気がした
独り歩く街中がにじんだキャンドルでいっぱい
切なくて

あ なたを感じていたい
白い吐息の季節の中で
今すぐ飛んでゆきたいけど
すべてを捨てて行けない私がいる
口にださないやさしさが痛い
窓の外も雪に変わった

あなたを感じていたい
銀色の季節の中で
輝き続けて欲しい
だけど都会のスピードに流されないで
待っているからと どうしてあの時
素直に言えなかったのだろう