突然:

突然君からの手紙 あの日から途切 れた君の声
今すぐ逢いに行くよ 夏が遠回りしても

カセットのボリューム上げた 日曜の車は混んでいる
バックミラーの自分を見て”今度そこは意地を張らない”

海岸通り過ぎると 君の家が見える
過去も未来も忘れて 現在は君のことだけ

突然の風に吹かれて 夢中で何かを探したね
倒れそうになったら僕を近くに感じて
またあの日のように君を抱きしめたい

何 かを求めれば何かが音をたてて崩れてく
たとえ今日が終わっても明日を信じて行こうよ

僕は君の大事な存在になれるのだろうか
この仕事はどんな状況も笑っているよ

突然の熱い夕立に 夢中で車に走ったね
埃まみれになって時間の経つのも忘れた
恋人よ君を心から大切にしたい

突然の風に吹かれて 旅人は行く先を知らない
でも僕らの愛は 二度とはぐれたりはしない
あの青い空のように いつまでもそばにいる